消費者金融に関する法律知識

当サイトおススメの消費者金融

消費者金融の返済がきつくなってしまったら

消費者金融会社は、新規契約時の審査スピードの速さや、多様な申し込み方法・返済方法のあるのが特徴です。

 

銀行の融資やローンに比べて、担保もいらず、気軽に借り入れできるシステムが用意されています。

 

そのため、返済能力以上の金額を借りてしまう可能性もあります。

 

返済できない状況に陥った時、他の貸金業者からさらに借り入れたりすると、ますます返済に苦しむことになります。

 

そうした場合は、裁判所を通じて利息の引き下げを求めたり、現状に応じた返済額にしてもらったり、返済期限の延長を求めるなど、月々の負担を減らすことを交渉することが出来ます。

 

この手段として、調停、民事再生手続、その他が、法律として制定されています。

 

調停とは、お金を貸し付けした債権者と、お金を借り入れた債務者が、返済額や返済期間について、裁判所の調停委員を通して話し合う制度です。

 

長期間、消費者金融会社に返済し続けた人の場合、調停の結果、返済額がゼロになることもあります。

 

民事再生手続きは、債務者の経済的な再建を目指す制度です。

 

裁判所が認めた計画に従い、一定額を3年間の分割で支払えば、残りの債務は免除される制度です。

 

ただこの場合、毎月ほぼ安定した収入のある、自営業者や会社員である必要があります。

 

債権者の数が多い時や、調停を申し立てても成立の見込みが少ない時に利用するメリットがあります。

 

また、住宅ローンを抱えている人にとっては、住宅を手放さずに債務の整理ができるのも、大きなメリットです。

 

返済できなくなった時は、一日でも早く相談することが、早期解決の道になります。

消費者金融の返済が厳しくなったときの法律知識関連ページ

「改正貸金業法」が平成22年に完全施行されました。
改正貸金業法が平成22年に施行されました。いったどのような法改正が行われたのでしょうか?
法改正で専業主婦は借り入れ出来なくなった?
改正貸金業法が平成22年に施行されて以来、まったく収入のない専業主婦の借り入れが基本的にはできなくなりました。
改正貸金業法でどう変わった?
平成22年に施行された改正貸金業法によって、お金を借りる際にそれまでとどういった点が変わったのでしょうか?
貸金業法を適用される貸金業者とは?
消費者金融は貸金業法という法律に基づいて事業を行っています。それでは、法で定められた貸金業者とはどのような業者でしょうか?
改正貸金業法と借り入れに関する影響
改正貸金業法により、一人の人に貸しだす金額に制限をかけられました。多重債務者を防止する点では有効な法改正ではあると思います。
グレーゾーン金利とは?
かつてグレーゾーン金利が問題となりました。現在は法改正によって撤廃となっています。
貸金業法の改正とグレーゾーン撤廃
以前問題となっていたグレーゾーンは貸金業法の改正で完全に撤廃となりました。貸金業法はどのように改正されたのでしょうか?
トータル借り入れ額とキャッシング枠
借金をする際に気をつけなければいけないのがトータルでの借入額ですが、実はクレジットカードのキャッシング枠もこれに含まれます。
過払い請求の終焉
過払い請求により、著しく体力を消耗していた各金融が会社ですが、最近はやっと業績回復の兆しが見えてきました。

トップ 即日融資可能 低金利借入 女性専用 アルバイト可 期間無利息 他社借入OK 主婦OK