消費者金融に関する法律知識

当サイトおススメの消費者金融

消費者金融は貸金業者になります。

貸金業法は、近年増加した借金問題や、債務者の問題を解決するために、従来の法律を抜本的に改正したものです。

 

貸金業法の主な内容は、年収の3分の1を越える借金を禁止する総量規制と、上限金利を下げた金利規制です。

 

では、貸金業法の対象となる貸金業者とは、どんな業者でしょうか。

 

お金を貸す業務を行っており、財務局又は都道府県に登録をしている業者のことを、貸金業者といいます。

 

具体的には、消費者金融、クレジットカード会社などが貸金業者です。

 

銀行や信用金庫、信用組合、労働金庫なども、さまざまな融資を行っていますが、これらは貸金業者ではありません。

 

クレジットカードで現金を借りるキャッシングの場合は、貸金業法が適用されます。

 

これは、クレジットカード会社が貸金業者として、貸金業法に基づいた貸し付けを行っているからです。

 

しかし、同じクレジットカードでも、商品やサービスを購入するショッピングの場合は、貸金業法は適用されません。

 

ただし、リボ払い、分割払い、ボーナス払いには、別途「割賦販売法」という法律が適用されます。

 

ヤミ金融とは、貸金業法に基づく登録を受けずに、違法に貸金業を営むヤミの業者です。

 

登録を受けた貸金業者ではないため、違法な高金利の貸し付けを行ったり、暴力的な取立てを行うものも少なくありません。

 

もともと違法業者なので、債務整理の交渉にも応じないところがあります。

 

法律を無視したヤミ金融からは絶対、借り入れしないようにしましょう。

貸金業法を適用される貸金業者とは〜消費者金融ガイド関連ページ

「改正貸金業法」が平成22年に完全施行されました。
改正貸金業法が平成22年に施行されました。いったどのような法改正が行われたのでしょうか?
法改正で専業主婦は借り入れ出来なくなった?
改正貸金業法が平成22年に施行されて以来、まったく収入のない専業主婦の借り入れが基本的にはできなくなりました。
改正貸金業法でどう変わった?
平成22年に施行された改正貸金業法によって、お金を借りる際にそれまでとどういった点が変わったのでしょうか?
返済が厳しくなったときの法律知識
借入額が大きく膨らんでしまい、どうにも返済が出来なくなってしまった場合にの法律知識について書いてみたいと思います。
改正貸金業法と借り入れに関する影響
改正貸金業法により、一人の人に貸しだす金額に制限をかけられました。多重債務者を防止する点では有効な法改正ではあると思います。
グレーゾーン金利とは?
かつてグレーゾーン金利が問題となりました。現在は法改正によって撤廃となっています。
貸金業法の改正とグレーゾーン撤廃
以前問題となっていたグレーゾーンは貸金業法の改正で完全に撤廃となりました。貸金業法はどのように改正されたのでしょうか?
トータル借り入れ額とキャッシング枠
借金をする際に気をつけなければいけないのがトータルでの借入額ですが、実はクレジットカードのキャッシング枠もこれに含まれます。
過払い請求の終焉
過払い請求により、著しく体力を消耗していた各金融が会社ですが、最近はやっと業績回復の兆しが見えてきました。

トップ 即日融資可能 低金利借入 女性専用 アルバイト可 期間無利息 他社借入OK 主婦OK