消費者金融に関する過払い請求の顛末

当サイトおススメの消費者金融

消費者金融の株価が上がっているのは理由があります。

2012年の末以降、消費者金融各社の株価が急騰しています。

 

確かにアベノミクスによって、消費者金融の株価だけではなく相場全体が大きく上昇しているのですが、そんな中でも消費者金融各社の株価の上がりか方は非常に勢いを感じます。

 

主な原因としては、消費者金融各社がここ数年苦しめられていた過払い請求がひと段落してきた、という点が大きいのではないかと思います。

 

2007年の最高裁における、グレーゾーン金利は違法であるという判決以降、消費者金融各社は10兆円規模の過払い請求を受けたといわれています。

 

その結果、消費者金融の多くが次々と倒産し、一部の大手以外の消費者金融は姿を消してしまいました。

 

その一方で、おいしい思いをしていた人たちがいます。

 

弁護士や司法書士が出している、過払い請求の広告や派手な看板を目にしたこのとある人お多いと思います。

 

この一連の過払い請求ブームに便乗して弁護士や司法書士が稼ぎまくった総額は、2〜3兆円と言われています。

 

しかし、彼らにとっては、これからはまさに冬の時代を迎えることになるでしょう。

 

1つの判決をきっかけに、おいしい思いを続けた彼らですが、そんなおいしい状態がずっと続くほど世の中甘くありません。

 

そんな彼らをあざ笑うかのように、消費者金融は着々と業績を回復しつつあります。

 

また、大手消費者金融の多くは、銀行傘下となっているところが多く、資金面の安定だけではなく、かつてに比べて非常にイメージも良くなっています。

 

かつてのように、強引な取り立てを行っている消費者金融は皆無といってもいいでしょう。

 

消費者金融は、今後ますます期待の持てる業種であると言えます。

過払い請求の終焉と消費者金融の業績改善関連ページ

「改正貸金業法」が平成22年に完全施行されました。
改正貸金業法が平成22年に施行されました。いったどのような法改正が行われたのでしょうか?
法改正で専業主婦は借り入れ出来なくなった?
改正貸金業法が平成22年に施行されて以来、まったく収入のない専業主婦の借り入れが基本的にはできなくなりました。
改正貸金業法でどう変わった?
平成22年に施行された改正貸金業法によって、お金を借りる際にそれまでとどういった点が変わったのでしょうか?
貸金業法を適用される貸金業者とは?
消費者金融は貸金業法という法律に基づいて事業を行っています。それでは、法で定められた貸金業者とはどのような業者でしょうか?
返済が厳しくなったときの法律知識
借入額が大きく膨らんでしまい、どうにも返済が出来なくなってしまった場合にの法律知識について書いてみたいと思います。
改正貸金業法と借り入れに関する影響
改正貸金業法により、一人の人に貸しだす金額に制限をかけられました。多重債務者を防止する点では有効な法改正ではあると思います。
グレーゾーン金利とは?
かつてグレーゾーン金利が問題となりました。現在は法改正によって撤廃となっています。
貸金業法の改正とグレーゾーン撤廃
以前問題となっていたグレーゾーンは貸金業法の改正で完全に撤廃となりました。貸金業法はどのように改正されたのでしょうか?
トータル借り入れ額とキャッシング枠
借金をする際に気をつけなければいけないのがトータルでの借入額ですが、実はクレジットカードのキャッシング枠もこれに含まれます。

トップ 即日融資可能 低金利借入 女性専用 アルバイト可 期間無利息 他社借入OK 主婦OK