消費者金融を利用する前に知っておきましょう

消費者金融に関する法律エントリー一覧

「改正貸金業法」が平成22年に完全施行されました〜消費者金融ガイド

消費者金融に関する大きな法改正として「改正貸金業法」が平成22年に完全施行されました。貸金業の適正化を目的とし、貸金業への参入条件の厳格化、貸金業協会の自主規制機能強化、行為規制の強化、業務改善命令の導入が盛り込まれています。過剰貸付の抑制としては、指定信用情報機関制度の創設、総量規制の導入が定めら...

続きを読む

法改正で専業主婦は消費者金融から借り入れ出来なくなった?

消費者金融に関する法律として、平成22年6月に新たに改正貸金業法という法律が施工されました。この法律施行で、収入のない専業主婦は、消費者金融から借りられなくなったという誤解が生じているようですが、決してそういうわけではありません。消費者金融は、基本的に20歳以上で定期的な収入があり、過去に金融に関す...

続きを読む

改正貸金業法で消費者金融はどう変わった?

平成22年6月に、改正貸金業法が完全施行されました。消費者金融を利用する人たちが、安心して借りられるようにするための新しい法律です。主に利用者に関わる事項は、次の2点です。1、総量規制2、上限金利の引き下げ1の総量規制とは、借り過ぎ・貸し過ぎの防止に関しての法律です。借り入れ残高が年収の3分の1を超...

続きを読む

貸金業法を適用される貸金業者とは〜消費者金融ガイド

貸金業法は、近年増加した借金問題や、債務者の問題を解決するために、従来の法律を抜本的に改正したものです。貸金業法の主な内容は、年収の3分の1を越える借金を禁止する総量規制と、上限金利を下げた金利規制です。では、貸金業法の対象となる貸金業者とは、どんな業者でしょうか。お金を貸す業務を行っており、財務局...

続きを読む

消費者金融の返済が厳しくなったときの法律知識

消費者金融会社は、新規契約時の審査スピードの速さや、多様な申し込み方法・返済方法のあるのが特徴です。銀行の融資やローンに比べて、担保もいらず、気軽に借り入れできるシステムが用意されています。そのため、返済能力以上の金額を借りてしまう可能性もあります。返済できない状況に陥った時、他の貸金業者からさらに...

続きを読む

改正貸金業法と消費者金融の借り入れに関する影響

数年前に貸金業法が改正されたことは、ご存知の方も多い事でしょう。消費者金融で借りる際に様々な制約がありますが、実は借り入れをする人が無理のない範囲で計画的に返済出来るように枠を設けているのです。私たちが消費者金融を利用する際には、総量規制により以下の3点が主に追加されました。・キャッシング総額が年収...

続きを読む

消費者金融のグレーゾーン金利とは?

消費者金融の世界でかつて「グレーゾーン金利」という言葉をよく耳にしましたが、これは一体どういうものなのでしょうか。ここでは、このグレーゾーン金利について解説していきます。まず、金利を定めるにも当然法律があります。この法律が一つだったら、上限金利も一つしか存在しないのですが、この法律が、日本では複数あ...

続きを読む

貸金業法の改正と消費者金融のグレーゾーン撤廃

消費者金融のグレーゾーン金利は、2010年の「貸金業法改正」によって、ほぼ撤廃されました。ここでは、その「貸金業法改正」について説明していきます。貸金業法は、消費者金融などの貸付利息の上限などを規定する法律として、古くから日本にありました。グレーゾーンの撤廃や借入可能総額の制限を目的として改正が公布...

続きを読む

消費者金融からのトータル借り入れ額とキャッシング枠

法改正により、消費者金融系や信販系の金融会社から借入する際には、年収の3分の1以内までという規制が設けられました。これに適用されないのは、銀行系のキャッシングだけです。たとえば、三菱東京UFJ銀行のバンクイックなどは、銀行カードローンですので総量規制の適用外ということになります。また、レイクの場合は...

続きを読む

過払い請求の終焉と消費者金融の業績改善

2012年の末以降、消費者金融各社の株価が急騰しています。確かにアベノミクスによって、消費者金融の株価だけではなく相場全体が大きく上昇しているのですが、そんな中でも消費者金融各社の株価の上がりか方は非常に勢いを感じます。主な原因としては、消費者金融各社がここ数年苦しめられていた過払い請求がひと段落し...

続きを読む


トップ 即日融資可能 低金利借入 女性専用 アルバイト可 期間無利息 他社借入OK 主婦OK