消費者金融のお役立ち知識満載

当サイトおススメの消費者金融

銀行と消費者金融が提携のカードローン

銀行系のカードローは、銀行と消費者金融会社が共同出資して運営している金融商品となります。

 

過去に個人向けローン参入で失敗を経験したことのある銀行にとって、消費者金融と手を組むことにより、個人向け融資のノウハウや調査力を得ることが出来ます。

 

融資先の信用調査を行い、膨大な顧客データを集めること、返済の滞りをなくすことは重要なことですが、その力を消費者金融会社は持っています。

 

消費者金融会社にとっては、銀行の資金力と信頼度を加えることができます。

 

銀行の持つ資金力のおかげで、銀行系消費者金融は、低い金利での融資、高い融資額を実現することができるのです。

 

お金を借りる上で、金利の低さは大きな魅力となります。

 

特に、高額の融資を受ける場合には、たった1%の金利の差が、大きな差額となってくるので、少しでも金利の低い会社を選ぶことが重要となってくるのです。

 

また、融資の限度額が高いと、複数の会社から借り入れる必要がなくなることも大きなメリットです。

 

一般的に銀行は、消費者金融よりも信用度が高くイメージがいいとされます。

 

銀行が母体となっていることから、借りる側も安心できる傾向にあります。

 

かつてのサラ金のイメージから消費者金融からお金を借りることに不安のある人が、大手銀行がバックにいることによって不安を軽減できます。

 

また、銀行は総量規制の対象外なので、年収の3分の1を超える借り入れも可能となります。

 

このように、メリットの多いように見える銀行系ですが、審査は厳しめというデメリットもあります。

銀行と消費者金融が提携した金融商品の特徴関連ページ

返済が遅れるとどうなるか?
計画的に返済をしようと思っていても、何らかの事情で返済が出来ない月が出てくるかも知れません。その場合はどうすればいいのでしょうか?
返済が遅れる場合の対応方法
返済が遅れそうな場合は、絶対に無視をすることはいけません。返済の意思があることを明確にして、まずは誠意をもって相談しましょう。
申し込みの方法に関するアドバイス
借り入れの申し込みをするには、どの方法を選べばいいのでしょうか?店頭、自動契約機、インターネットなど、自分に合った方法で申し込みをするようにしましょう。
審査に通らない理由とは?
借り入れの申し込みをしても審査に通らないことがあります。いったいどのような理由で審査にひっかかってしまうのでしょうか?
法改正で利用しやすくなりました
消費者金融はかつてにくらべて利用しやすくなっています。改正貸金業法により上限金利が大きく引き下げられました。
消費者金融会社とはどのような会社でしょうか?
消費者金融という言葉はよく耳にするけど、どういった会社なのかよくわからないという人のために分かりやすく説明いたします。
信販系金融商品の特徴
信販系の金融商品があります。いったいどのような金融商品なのかを詳しく解説いたします。
流通系金融商品の特徴
カードローンには大きく分けて消費者金融系、銀行系、信販系があります。それでは、流通系とはどういった商品なのでしょうか?
カードレスでお金を借りる
無人契約機まで出向いてカードを使ってキャッシングをするというのは、一昔前の話です。現在はネットを使って借り入れから返済まですべて自宅で出来ます。
消費者金融を気軽に利用する人が増えている理由
消費者金融はかつてにくらべてとても利用しやすくなったと言われています。それには、様々な理由があると思われますが、ここでは一般的に考えられる理由について触れみます。

トップ 即日融資可能 低金利借入 女性専用 アルバイト可 期間無利息 他社借入OK 主婦OK