消費者金融のお役立ち知識満載

当サイトおススメの消費者金融

金利が低くなった消費者金融

改正貸金業法は平成18年12月に公布され、平成22年6月に完全施行されました。

 

これにより、利用者の借り過ぎによる破たんを防ぐため、年収の3分の1以上の借り入れは禁止され、さらに従来よりも上限利息が引き下げられました。

 

かつての上限利息は29.2パーセントという高金利でしたが、15パーセントから20パーセントに下げられることになりました。

 

借り過ぎ・貸し過ぎをなくし、金利負担を今までより減らした、利用者保護を視野に入れた法律改正と言えるでしょう。

 

消費者金融も、以前より心理的負担や返済の負担を感じずに、安心して借りられるようになったと言えます。

 

大手のキャッシング・ローン会社なら、全国にATMがありますから、外出先などで気軽に利用できます。

 

たとえば、日ごろ仕事に追われていて心も体も疲弊してしまい、休養を欲している時など、次のボーナスまで待たずに、キャッシングで旅行資金を借りて、思いきって温泉に出かけるのもいいでしょう。

 

或いは冠婚葬祭などで急に金額が入用になった時などに、人に迷惑をかけずに、自分の裁量内でお金を用意することもできます。

 

出張先で経費の前払いを受けられない時なども、気軽に借りることができます。

 

または資格取得のために、専門学校や各種のスクール、講座などに通いたい場合、まとまった額の入学金や費用がかかったりします。

 

その支払いをキャッシングで借りて、返済分を毎月の受講料と考えれば前向きに考えることが出来るでしょう。

 

改正貸金業法改正は、数々のメリットを利用者に与えてくれましたが、逆に収入の少ない人にとっては厳しい内容となっています。

法改正で利用しやすくなった消費者金融関連ページ

返済が遅れるとどうなるか?
計画的に返済をしようと思っていても、何らかの事情で返済が出来ない月が出てくるかも知れません。その場合はどうすればいいのでしょうか?
返済が遅れる場合の対応方法
返済が遅れそうな場合は、絶対に無視をすることはいけません。返済の意思があることを明確にして、まずは誠意をもって相談しましょう。
申し込みの方法に関するアドバイス
借り入れの申し込みをするには、どの方法を選べばいいのでしょうか?店頭、自動契約機、インターネットなど、自分に合った方法で申し込みをするようにしましょう。
審査に通らない理由とは?
借り入れの申し込みをしても審査に通らないことがあります。いったいどのような理由で審査にひっかかってしまうのでしょうか?
銀行と消費者金融が提携した金融商品の特徴
銀行系のカードローンの多くは、銀行と消費者金融が提携をしているケースが多くなっています。ここではその特徴について書いていみます。
消費者金融会社とはどのような会社でしょうか?
消費者金融という言葉はよく耳にするけど、どういった会社なのかよくわからないという人のために分かりやすく説明いたします。
信販系金融商品の特徴
信販系の金融商品があります。いったいどのような金融商品なのかを詳しく解説いたします。
流通系金融商品の特徴
カードローンには大きく分けて消費者金融系、銀行系、信販系があります。それでは、流通系とはどういった商品なのでしょうか?
カードレスでお金を借りる
無人契約機まで出向いてカードを使ってキャッシングをするというのは、一昔前の話です。現在はネットを使って借り入れから返済まですべて自宅で出来ます。
消費者金融を気軽に利用する人が増えている理由
消費者金融はかつてにくらべてとても利用しやすくなったと言われています。それには、様々な理由があると思われますが、ここでは一般的に考えられる理由について触れみます。

トップ 即日融資可能 低金利借入 女性専用 アルバイト可 期間無利息 他社借入OK 主婦OK