消費者金融の審査に関する豆知識

当サイトおススメの消費者金融

個人情報機関にはどのような記録が残っているのか?

消費者金融では、各社が個人情報機関を通じて情報を共有し、審査の際の参考にしています。

 

消費者金融がキャッシング希望者を審査する際には、個人情報機関にアクセスし、過去の借入状況やトラブルの有無などを照合します。

 

多くの消費者金融は、全国情報センター連合会という団体に加盟しており、申し込み者の情報を得たい場合には、各道府県エリアの情報センターへ申込者の借入状況の照合を依頼することになります。

 

個人情報機関に保管されている情報には、個人名・住所情報・勤務先名などの他に、他社借入がある場合には、その件数とトータルの借入金額や、借入時期及び返済時期などが登録されています。

 

ですから、消費者金融の審査を受ける際に、つい心証を良くしようとしてウソの申告をしてしまいがちですが、結果的にそのウソはばれてしまうことになります。

 

そして、そのことにより、本来であれば問題なく借入出来たかも知れない人が、ウソの申告をしたことで信用出来ない人との判断をされて審査に落ちてしまう可能性があります。

 

消費者金融の審査の際には、必ず正直に申告することを心掛けましょう。

 

また、個人情報機関には、過去に金融トラブルがあった場合などの事故情報も残っており、これを俗にブラックリストなどと呼んだりするようです。

 

過去に消費者金融を利用した際に、ある一定期間以上の滞納があったりすると、事故情報(ブラックリスト)として記録されることがあります。

 

およそ30日以上を超えて延滞した場合などに事故情報として記録されるようですので、2〜3日の遅延であれば、特に問題になることはないようです。

 

また、事故情報の他にも、身分証をなくしたり、債務整理や自己破産申請などの情報もしっかりと残ります。

 

もし、あなたが消費者金融の審査の通らないのであれば、過去を振り返ってみて、そういったトラブルがなかったかどうか思い出してみて下さい。

消費者金融の審査と個人情報機関について関連ページ

審査基準について考えてみる
実際にお金を借りようと思っても、誰もが審査に通過するわけではありません。いったいどのような基準になっているのでしょうか?
審査の際に必要になる身分証明書の種類
審査には身分証明書が必要になりますが、具体的にはどのような書類を提出すればいいのでしょうか?
審査に必要な収入証明書類とは?
借り入れの際に、収入証明書類の提出を求められることがあります。具体的はどのような書類が必要なのでしょうか?
在宅確認の電話について
一般的に審査の際には在宅確認が行われます。実際にはどのような形で行われるのでしょうか?
勤務先への在籍確認について
借り入れの申し込みをする際には勤務先を申告します。そして、実際にそこに在籍しているかどうかの確認の電話があります。
消費者金融の審査と他社からの借入状況
他社からの借入があるからといって、別の会社の審査に通らないということはありません。具体的には何社までOK?
消費者金融の審査と他社からの借入総額の申告
の審査においては、他社からの借入金額がどれだけあるのかを正直に申告する必要があります。
審査にかかる時間はどれくらい?
審査にはどれくらいの時間がかかるのでしょうか?急いでいる方は気になると思います。
与信についての基礎知識
借り入れの申し込みをする際に気になる与信ですが、いったいどういったことを元に決められるのでしょうか。

トップ 即日融資可能 低金利借入 女性専用 アルバイト可 期間無利息 他社借入OK 主婦OK