消費者金融の審査に関する豆知識

当サイトおススメの消費者金融

消費者金融の審査に必要な身分証明書

消費者金融からキャッシングをするにあたっては必ず審査というものがあります。

 

そして、審査受けるにあたっては必ず必要書類を提出を求められます。

 

どこの消費者金融を利用する場合でも、必要書類として必ず必要になるのが身分証明書です。

 

身分証明書とは具体的に「免許証」「健康保険証」「パスポート」「写真付住民基本台帳カード」といったものです。

 

以下に消費者金融の審査に必要な書類について具体的に解説してみます。

 

【免許証】
免許証には、車の運転免許証や小型船舶免許証など、様々な免許がありますが、キャッシングを希望する際に身分証明書として消費者金融に提出するのは一般的に「自動車免許証」となります。

 

船舶免許証などはあまり世間一般的ではないために、審査をする消費者金融会社の方でも、それが本物かどうかを見分けるのが難しいからです。

 

もちろん、その他の資格などの免許も同様です。

 

基本的には身分証明書としては認められないと考えた方がいいでしょう。

 

【健康保険証】
健康保険証には、「社会保険」「国民健康保険」「組合保険」「共済組合員証」など、その人の職業に応じて様々な種類があります。

 

消費者金融は審査の際に、勤務年数を重視します。

 

国民健康保険以外の保健証は勤務先より就職した際に発行されますので、その保険証を見れば勤務年数が分かってしまいます。

 

ですから、勤務年数が2年未満なのに5年間勤務しいてますなどと嘘の申告をしても保険証の資格取得年月日を見ればすぐにバレてしまうことになります。

 

嘘がばれると審査の時不利になってしまいますので注意しましょう。

 

【パスポート】
パスポートは運転免許証と同様に顔写真つきの身分証明書ということになりますので、審査をする消費者金融側にとっては、申し込み者自身が本人かどうかを判別しやすいようです。

 

パスポートは住所の記載が自筆となっていますので、消費者金融の審査時には、住所確認のために、消印のついた本人宛の郵便などの提示を求められる可能性があります。

 

【写真付住民基本台帳カード】
住民基本台帳カードを利用して、消費者金融のキャッシング申込みが可能であれば非常に便利なのですが、かつて住基カードを悪用した申込みなどが多発したために、単に住基カードだけを持って消費者金融の申込みをしても断られる場合があります。

 

以上のことを考慮しますと、消費者金融の審査を受ける際の身分証明書には運転免許証が一番適しているということが言えそうです。

消費者金融の審査の際に必要になる身分証明書の種類関連ページ

審査基準について考えてみる
実際にお金を借りようと思っても、誰もが審査に通過するわけではありません。いったいどのような基準になっているのでしょうか?
審査に必要な収入証明書類とは?
借り入れの際に、収入証明書類の提出を求められることがあります。具体的はどのような書類が必要なのでしょうか?
在宅確認の電話について
一般的に審査の際には在宅確認が行われます。実際にはどのような形で行われるのでしょうか?
勤務先への在籍確認について
借り入れの申し込みをする際には勤務先を申告します。そして、実際にそこに在籍しているかどうかの確認の電話があります。
消費者金融の審査と他社からの借入状況
他社からの借入があるからといって、別の会社の審査に通らないということはありません。具体的には何社までOK?
消費者金融の審査と他社からの借入総額の申告
の審査においては、他社からの借入金額がどれだけあるのかを正直に申告する必要があります。
個人情報機関について
これから消費者金融の審査を受けようとする人が気になるのが個人情報機関だと思います。それはどのような団体でしょうか?
審査にかかる時間はどれくらい?
審査にはどれくらいの時間がかかるのでしょうか?急いでいる方は気になると思います。
与信についての基礎知識
借り入れの申し込みをする際に気になる与信ですが、いったいどういったことを元に決められるのでしょうか。

トップ 即日融資可能 低金利借入 女性専用 アルバイト可 期間無利息 他社借入OK 主婦OK