消費者金融を比較するコツ

当サイトおススメの消費者金融

消費者金融の金利を比較することの大切さ

消費者金融を利用するということは、すなわち利息を付けてお金を返さなければいけないということですから、金利は非常に重要な要素です。

 

また、無理のない返済計画を立てていくにあたっても、金利の高低が大きな影響を及ぼします。

 

そのためには、各消費者金融の金利を比較して、少しでも金利の低い会社を探すことは大切です。

 

消費者金融のホームページなどを見てみますと、金利が「実質年率4.7%〜18%」などとなっていたりします。

 

誰でも4.7%で借りたいと思うところですが、実際に適用になる金利は、その人の借入することのできる融資限度額によって変わってきます。

 

基本的に融資限度額が高いほど、金利は低くなると考えていただいていいと思います。

 

しかし、個人の融資限度額は年収やこれまでの取引実績などにより決められることになりますので、初めての人が高額な融資限度額を設定してもらえることは、まずないはずです。

 

そうなりますと、金利も高めの金利で考えておく必要がある、ということになります。

 

高い方の金利で比較しますと、消費者金融間でそれほどの違いはありません。

 

ほとんどの消費者金融で17.8%から20.0%の範囲に収まっています。

 

これは、貸金業法の改正によりグレーゾーンが撤廃され、法的に20%以上での貸し出しが出来なくなってしまったためです。

 

それまでの上限金利は29.2%でしたから、それを考えると消費者金融の金利は本当に低くなったものです。

 

そのような理由で、各社それほど金利に差のなくなってしまった消費者金融ですが、たとえ1%でも2%でも違うと、利息に大きな差が出てしまいます。
ちなみに消費者金融の金利は日割りですので、以下のような式で計算します。

 

借入残高×実質年率÷365×利用日数= 【利息合計額】

 

この式を元に、金利18%と20%でそれぞれ10万円を借りた場合で計算してみましょう。

 

10万円×18%÷365×30=1479円

 

10万円×20%÷365×30=1644円

 

これだけの違いになります。

 

それほど大きな違いはないようにも感じますが、返済期間が長くなれば決してバカにならない金額となりますので、出来る限り金利の低いところで借りた方がお得ということになります。

消費者金融の金利を比較する関連ページ

借入先を比較する時のポイント
借入先を比較する時には、どういった点に注意したらいいのか、そのポイントを解説します。
借入時に注目すべきATMの数
金融会社を比較する時にポイントとして、ATMの設置台数があります。これが少ないと借入や返済で不便を感じます。
即日融資で比較する
最近のキャッシングは申し込みから借入まで早いのが特徴です。その日のうちに借入出来る即日融資のサービスが可能か比較してみましょう。
低金利の商品を比較する
お金を借りる以上なるべく金利が低いところから借りたいものです。ここでは低金利の会社を比較してみたいと思います。
おまとめローンの比較
複数の会社から借入している人にお奨めなのが「おまとめローン」です。おまとめローンはどこを選ぶべきでしょうか?
銀行系消費者金融と銀行カードローンの違いを比較する
銀行系消費者金融と呼ばれるものがありますが、これは銀行カードローンとどこが違うのでしょうか?比較してみたいと思います。
人気ランキング比較
数あるキャッシング会社の中でも、人気になっている会社には何か理由があるはずです。当サイトで人気のある商品をランキング形式で比較してみましょう。
今と昔のサービス比較
消費者金融と一口にいっても、今と昔ではそのサービスには大きな隔たりがあります。どこが違うか比較してみましょう。

トップ 即日融資可能 低金利借入 女性専用 アルバイト可 期間無利息 他社借入OK 主婦OK