消費者金融の債務整理に関する基礎知識

任意整理について詳しく知ろう

任意整理では、消費者金融サイドとの交渉によって債務を整理していきます。

 

一般的には依頼を受けた弁護士などが法定金利で利息計算をし直し、法律上本当に支払わなければならない元金額を確定します。

 

これに基づいて債権者と個別に交渉し、支払可能な範囲内の金額で、分割支払の和解を取り付けていきます。

 

毎月の収入から生活費を差し引いた金額を返済に充てていくわけですが、基本的に、消費者金融側との交渉で任意整理案がまとまるのは、返済年数が2、3年、長くても5年以内で返せる場合に限られるようです。

 

それ以上の長期分割の場合になりますと、債権者の合意が得られれば可能ですが、一般的に整理案は任意整理は難しいと見ていた方がいいでしょう。

 

いずれにしましても、弁護士に依頼して任意整理を申し込みますと、任意整理の受任通知を消費者金融側に送り、その時点で督促も停止されますし、任意整理案がまとまり、交渉によって確定するまでは、実質的に支払いも停止されることになります。

 

そして、弁護士が借り手・貸し手双方の債務調査の結果、確定した債務額から、利息制限法に基づいて実際の支払い額を算定してくれます。

 

任意整理の交渉が成立すれば、抱えていた借金総額が減りますし、利息もなくなるわけですから、予想していたよりも、短期分割が可能になるかもしれません。

 

ただし、債務整理を行うことによって、個人信用情報に事故情報として記載され(いわゆるブラックリスト)その後数年間はどこの金融機関からもお金を借りることが出来なくなりますので、注意をしてください。

 

やはり、そうならないために、借入前にしっかりと返済計画をたてることが重要ですね。

任意整理とはどういったことをするのですか〜消費者金融ガイド関連ページ

債務整理は最終手段と考えましょう
債務整理には、借金が減額になるというメリットがありますが、同時デメリットもたくさんあります。あくまでも最終手段と考えましょう。
専門家に相談する際の書類
専門家に債務整理の相談をする際には、事前に必要書類などを準備するようにしましょう。
債務整理の種類と特徴
債務整理にはどのような種類や特徴があるのでしょうか?具体的に説明してみたいと思います。
個人信用情報とブラックリスト
債務整理をすると、金融事故として個人信用情報へ記載され、新たな借入が出来なくなります。いわゆるブラックリストというものです。
弁護士と司法書士どちらに依頼する?
債務整理の手続きを依頼する場合、弁護士としよう書士の2つの選択肢があります。それぞれの特徴について書いてみたいと思います。

トップ 即日融資可能 低金利借入 女性専用 アルバイト可 期間無利息 他社借入OK 主婦OK