消費者金融と債務整理に関する基礎知識

債務整理は弁護士と司法書士のどちらに依頼するのか

債務整理には、法的支払わなければならない元金を元に返済額の減額を調整する任意整理、裁判所から借金返済免除の許可を得る自己破産、裁判所の許可を得て減額する個人再生があります。 

 

どの方法が適しているかは、債務内容(金額、取引年数など)や債務者の返済能力を考慮してで決めることになります。

 

債務整理を扱う専門家には、主に弁護士と司法書士がいます。

 

では、弁護士と司法書士には、どのような違いがあるのでしょうか。

 

司法書士は「書類作成代理人」として自己破産・個人再生申立書を作成します。

 

それに対して、弁護士は本人の「代理人」として自己破産・個人再生申立をすることが出来るという違いがあります。

 

しかし、実際の手続きには、それほどの違いはありません。

 

弁護士は、本人の「代理人」として、債務整理に発生する手続きや、債務整理に関する手続きを全て行う専門家ですので、万が一裁判手続きが必要となった際もそのまま依頼をすることが出来ます。

 

司法書士は、基本的に「書類作成代理人」として自己破産・個人再生申立書を作成します。

 

弁護士に比べて代理手続きを行える範囲は限られますが、任意整理の代理人となることや、自己破産の書類作成などは可能です。

 

また、多くの弁護士が相談だけでも費用がかかるのに対して、司法書士の場合は相談業務は基本的に無料です。

 

法的な相談業務でお金を取ると、弁護士法に触れてしまうからです。

 

尚、認定司法書士の場合は、簡裁訴訟代理関係業務も可能となります。

債務整理を依頼するのは司法書士と弁護士どちらがいいですか?関連ページ

債務整理は最終手段と考えましょう
債務整理には、借金が減額になるというメリットがありますが、同時デメリットもたくさんあります。あくまでも最終手段と考えましょう。
専門家に相談する際の書類
専門家に債務整理の相談をする際には、事前に必要書類などを準備するようにしましょう。
債務整理の種類と特徴
債務整理にはどのような種類や特徴があるのでしょうか?具体的に説明してみたいと思います。
個人信用情報とブラックリスト
債務整理をすると、金融事故として個人信用情報へ記載され、新たな借入が出来なくなります。いわゆるブラックリストというものです。
任意整理とはどういったことをするのですか
借りたお金の返済が困難になり任意整理をする人が増えています。どのような手続きが必要になるのかを解説します。

トップ 即日融資可能 低金利借入 女性専用 アルバイト可 期間無利息 他社借入OK 主婦OK