債務整理に関する豆知識

債務整理とブラックリストに関して

債務整理とは返済が苦しくなった際、弁護士及び司法書士、救済センター等に相談し、利息の変更等を行うことによって、新たな返済計画を立てたり返済を免除してもらったりすることです。

 

金融事故情報とは、個人信用情報を照会した際に、金融事故があった場合に記載されているものです。

 

債務整理も金融事故情報として記載され、個人信用情報に履歴が残ってしまいます。

 

この金融事故情報のことをブラックリストなどと呼ぶこともあります。

 

消費者金融の会社につきまとうリスクとして、返済が行われないと会社が立ちゆかなくなり、常に大きな問題となってしまうからです。

 

まずは利用者に返済の意思があるのか、返済能力はあるのかを判断するために、個人信用情報機関を利用することになります。

 

これは個人信用情報機関が作成・管理している個人信用情報というものを、加盟している消費者金融・クレジットカード会社・銀行等が照会できるというものです。

 

この個人信用情報とは、返済や返済の延滞等の情報、利用申込の履歴等が記録されており、各加盟会社はこの情報を照会し、返済意図や返済能力等を確認して融資をしても問題はないかどうかの審査を行っています。

 

顧客の借入状況をキャッシング・ローン会社をはじめとした金融会社同士で共有していると言うことです。

 

つまり、A社で金融事故があったら、B社でもC社でも借入が出来なくなってしまうということです。

 

計画的に利用し、しっかりと返済を続けていれば、個人信用情報にも、信用できる利用者として記載されることになり、新たな借入の際にも有利になります。

債務整理による金融事故と個人信用情報への記載関連ページ

債務整理は最終手段と考えましょう
債務整理には、借金が減額になるというメリットがありますが、同時デメリットもたくさんあります。あくまでも最終手段と考えましょう。
専門家に相談する際の書類
専門家に債務整理の相談をする際には、事前に必要書類などを準備するようにしましょう。
債務整理の種類と特徴
債務整理にはどのような種類や特徴があるのでしょうか?具体的に説明してみたいと思います。
弁護士と司法書士どちらに依頼する?
債務整理の手続きを依頼する場合、弁護士としよう書士の2つの選択肢があります。それぞれの特徴について書いてみたいと思います。
任意整理とはどういったことをするのですか
借りたお金の返済が困難になり任意整理をする人が増えています。どのような手続きが必要になるのかを解説します。

トップ 即日融資可能 低金利借入 女性専用 アルバイト可 期間無利息 他社借入OK 主婦OK