債務整理に関する基礎知識

債務整理とは具体的にどのようなことをするのか?

借り入れ金が多かったり、複数の消費者金融会社から借り入れがある場合、利息のために借金がふくれあがっていきます。

 

そして今自分がいったい、いくら借りているか、把握できなくなったりします。

 

これを債務整理という方法で、解決する手段があります。

 

しかし、これは金融機関に対して大きな信用を失うことになり、当分の間はどこの金融機関もお金を貸してくれなくなりますし、ローンなども一切組めなくなります。

 

言葉は悪いですが、債務整理というのは合法的な借金の踏み倒しということですので、そのような人に対して金融機関がお金を貸さなくなるのは当然の話です。

 

債務整理をする際は、その点をしっかりと認識するようにして下さい。

 

一般的には弁護士、司法書士に相談することになります。

 

債務整理には任意整理・特定調停・自己破産・個人再生と4つの種類があり、状況によって選択が異なります。

 

任意整理は元金だけを返済し過払い金を取り戻す方法です。

 

弁護士、司法書士に代理を依頼することができます。

 

任意整理と似ている方法が特定調停です。

 

特定調停と任意整理の違いは、裁判所を通すか通さないかです。

 

特定調停は裁判所を通し、さらに自分で直接裁判所へ行かなければなりません。

 

しかし調停委員が入りますので、任意整理より料金が安く済みます。

 

返済する事が不可能と裁判所が認めた場合は、自己破産の手続きを取ります。

 

自己破産では財産のほとんどを失う事になりますが、例えばマイホームなど、残しておきたい財産がある場合は、個人再生という方法を取ることができます。

 

自己破産では借金が無くなりますが、個人再生では返済額を見直し、返済の期間を設けてその中で完済をしていきます。

 

手続きが複雑なため時間を要し、また専門家の力が必須になります。

債務整理の種類と特徴〜消費者金融ガイド関連ページ

債務整理は最終手段と考えましょう
債務整理には、借金が減額になるというメリットがありますが、同時デメリットもたくさんあります。あくまでも最終手段と考えましょう。
専門家に相談する際の書類
専門家に債務整理の相談をする際には、事前に必要書類などを準備するようにしましょう。
個人信用情報とブラックリスト
債務整理をすると、金融事故として個人信用情報へ記載され、新たな借入が出来なくなります。いわゆるブラックリストというものです。
弁護士と司法書士どちらに依頼する?
債務整理の手続きを依頼する場合、弁護士としよう書士の2つの選択肢があります。それぞれの特徴について書いてみたいと思います。
任意整理とはどういったことをするのですか
借りたお金の返済が困難になり任意整理をする人が増えています。どのような手続きが必要になるのかを解説します。

トップ 即日融資可能 低金利借入 女性専用 アルバイト可 期間無利息 他社借入OK 主婦OK