債務整理に関する基礎知識

債務整理の相談をする前にそろえるものとは?

弁護士や司法書士に借金問題を相談するには、あらかじめ準備が必要です。

 

準備をして臨めば、相談がスムーズに進んで、より短い時間で適切なアドバイスを受けることができます。

 

相談時間は限られていますので、質問事項や相談内容の要点はメモにまとめておくといいでしょう。

 

また債務整理の相談は、本人でない場合、相談内容の的確な把握ができず、充分なアドバイスができないこともあります。

 

基本的に本人が相談に来ることが肝要です。

 

借金の関係書類をそろえて持参することは、相談時間の短縮や相談費用の軽減にもつながります。

 

関係ありそうな書類はすべて持参するようにしてください。

 

主な関係書類は、借入した消費者金融名や残金・支払い金額など、今現在の借り入れ内訳一覧です。

 

それから、キャッシングカードやクレジットカード、借り入れした時の契約書や領収書や請求書も必要です。

 

さらに、給与明細や確定申告書類など、そして、不動産や預貯金や生命保険や自動車など財産の内訳一覧と、所有不動産の登記簿謄本、預金通帳、印鑑が必要になります。

 

現在問題になっていることを、曖昧にしたり隠したりせず、はっきりと伝えましょう。

 

不利な事情はついつい隠しがちになるものですが、弁護士や司法書士が事実誤認をしてしまい、のちのち問題になることもよくあります。

 

弁護士や司法書士には守秘義務がありますので、相談者の秘密やプライバシーが他に洩れることはありません。

 

その点は、安心して相談するようにしましょう。

 

ただし、債務整理というのはその後の人生を考えれば極力避けたいことですので、消費者金融でお金を借りる際には、きちんと返済できるかどうかをよく考えてから申し込みをするようにしましょう。

債務整理の相談と事前に準備する書類〜消費者金融ガイド関連ページ

債務整理は最終手段と考えましょう
債務整理には、借金が減額になるというメリットがありますが、同時デメリットもたくさんあります。あくまでも最終手段と考えましょう。
債務整理の種類と特徴
債務整理にはどのような種類や特徴があるのでしょうか?具体的に説明してみたいと思います。
個人信用情報とブラックリスト
債務整理をすると、金融事故として個人信用情報へ記載され、新たな借入が出来なくなります。いわゆるブラックリストというものです。
弁護士と司法書士どちらに依頼する?
債務整理の手続きを依頼する場合、弁護士としよう書士の2つの選択肢があります。それぞれの特徴について書いてみたいと思います。
任意整理とはどういったことをするのですか
借りたお金の返済が困難になり任意整理をする人が増えています。どのような手続きが必要になるのかを解説します。

トップ 即日融資可能 低金利借入 女性専用 アルバイト可 期間無利息 他社借入OK 主婦OK