消費者金融の保証人に関する必須知識

当サイトおススメの消費者金融

未成年と保証人の問題

未成年でも保証人になることができるのでしょうか?

 

基本的には未成年者も保証人になることができますが、親権者の同意が必要となります。

 

未成年とは、社会的な責任を負わない年齢のことです。

 

未成年者が行った社会的な行為の責任は、親権者が負わなければなりません。

 

未成年者が保証人になった場合は、基本的には親権者がその責任を負うことになります。

 

つまり、親が保証人になったと同じことになります。

 

しかし普通は親が子供の保証人を許すケースは少ないと思われ、実質的には未成年者の保証人はほとんどいないと考えられます。

 

ただし例外もあります。

 

たとえ未成年者であっても結婚している場合は、法律上は成人とみなされ、親権者の同意がなくても保証人になることができます。

 

とはいえ、消費者金融業者などお金を貸す側が結婚しているからといって未成年者を保証人として認めるかどうかは疑問が残ります。

 

消費者金融業者の多くが年齢制限を設けており、未成年者の借入れを禁止している業者も多いようです。

 

したがって未成年者を保証人にすることもあり得ないと考えるのが自然です。

 

また、未成年者の借入れを認めている消費者金融業者であっても、未成年者の保証人を認めるとはかぎりません。

 

もし未成年者が親権者の同意なしに保証人になってしまった場合、その契約は無効となります。

 

消費者金融業者など保証人を必要とする側は、もし未成年者の保証人を認めても、後になってから「実は親の同意がなかった」と言われると困るため、一般的には未成年者の保証人を認めていないということになります。

 

未成年でも消費者金融の保証人になれるか?関連ページ

消費者金融の保証人契約と署名・捺印に注意すべきこと
消費者金融などの保証人を頼まれた場合、契約書に署名・捺印をすることになりますが、その前にやるべき大切なことがあります。l
保証人契約において貸す側に義務付けられた書面交付
消費者金融などと保証人契約を交わす場合、貸す側には書面交付などの法的な義務が課せられています。
保証人をやめたくなった時
消費者金融などの保証人に一旦なってしまうと、それを解約するというのはなかなか大変なようです。何は方法はないのでしょうか?
知人に保証人を頼まれたら?
消費者金融の保証人を知人に頼まれることがあるかもしれません。人間関係上非常に断りにくいのは事実ですが冷静に考えなくてはいけません。
保証人のいらない消費者金融
最近の消費者金融は保証人がいなくても貸し出しをしてくれるところが多くなりました。なぜ保証人なしでお金を貸してくれるのでしょうか?
保証人契約に関する民法の改正
平成16年の民法の改正により、保証契約に関する事項が大きく変わりました。どういった点が変わったのかを詳しく解説します。
連帯保証人が死亡するとどうなるか?
もし連帯保証人が死亡してしまった場合、その義務や責任の問題は法的にどのように判断されるのでしょうか?
連帯保証人が複数の場合の負担割合
1人の債務者に対して、複数の人が連帯保証人となる場合、どのような割合で負担を分担したらいいのでしょうか?
とてもリスクの大きい連帯保証人
意外に知らない人が多いのですが、実は連帯保証人は債務者とほぼ同等の責任が生じます。非常にリスクが高いので注意が必要です。

トップ 即日融資可能 低金利借入 女性専用 アルバイト可 期間無利息 他社借入OK 主婦OK