消費者金融の保証人に関する必須知識

当サイトおススメの消費者金融

保証人がいなくても借入が出来ます。

消費者金融は急にお金が必要になったときなどに手軽に利用できる便利な存在です。

 

借りたお金の使い道を制限されることもなく、カードで24時間いつでも引き出すことが可能です。

 

そして返済期日までにATMから返済額のお金を入れればOKです。

 

便利な反面、借入れの際には、諸々の制限があります。

 

職業は何か、安定した収入はあるか、複数の消費者金融業者から多額の借入れをしていないかどうかなど、契約時に審査が行なわれ、それにパスしなければなりません。

 

また身元確認のため、身分証明書の提示が求められます。

 

その代わり、最近では「保証人不要」をうたっている消費者金融業者が多くなってきています。

 

たとえ保証人がいなくても、審査の結果本人に返済能力があると判断されればお金を借りることは可能なのです。 

 

保証人に関しては何かとトラブルが多く、また「保証人がいなくて困っている」という人も少なくはないので、とても便利なサービスですね。

 

では、もしお金を借りた本人が死亡してしまったなどの理由で返済ができなかった場合はどうなるのでしょうか?

 

その場合は、基本的にその借金が消えるわけではなく、負債として家族に相続されることになります。

 

ところが大手の消費者金融業者になるとそれぞれが保険に入っているため、借りている人が亡くなって返済出来なくなった場合も、保険で相殺されます。

 

いずれにしましても、保証人がいるいないにかかわらず、返済は計画的にきちんと行いましょう。

保証人のいらない消費者金融関連ページ

消費者金融の保証人契約と署名・捺印に注意すべきこと
消費者金融などの保証人を頼まれた場合、契約書に署名・捺印をすることになりますが、その前にやるべき大切なことがあります。l
保証人契約において貸す側に義務付けられた書面交付
消費者金融などと保証人契約を交わす場合、貸す側には書面交付などの法的な義務が課せられています。
保証人をやめたくなった時
消費者金融などの保証人に一旦なってしまうと、それを解約するというのはなかなか大変なようです。何は方法はないのでしょうか?
知人に保証人を頼まれたら?
消費者金融の保証人を知人に頼まれることがあるかもしれません。人間関係上非常に断りにくいのは事実ですが冷静に考えなくてはいけません。
未成年でも保証人になれるか?
消費者金融などの保証人を未成年に依頼することは法的に可能なのでしょうか?またそれを金融j業者が認めるでしょうか?
保証人契約に関する民法の改正
平成16年の民法の改正により、保証契約に関する事項が大きく変わりました。どういった点が変わったのかを詳しく解説します。
連帯保証人が死亡するとどうなるか?
もし連帯保証人が死亡してしまった場合、その義務や責任の問題は法的にどのように判断されるのでしょうか?
連帯保証人が複数の場合の負担割合
1人の債務者に対して、複数の人が連帯保証人となる場合、どのような割合で負担を分担したらいいのでしょうか?
とてもリスクの大きい連帯保証人
意外に知らない人が多いのですが、実は連帯保証人は債務者とほぼ同等の責任が生じます。非常にリスクが高いので注意が必要です。

トップ 即日融資可能 低金利借入 女性専用 アルバイト可 期間無利息 他社借入OK 主婦OK