消費者金融の保証人に関する必須知識

当サイトおススメの消費者金融

保証人保護のための消費者金融の義務とは?

消費者金融業者などの貸金業者は、保証人契約において保証人となる人を保護する目的で、2つの書面の交付を義務付けられています。

 

これにより予期せぬトラブルを防ぐことができます。

 

消費者金融業者は保証人に対し、この書面にもとづいて、口頭及び書面にて十分な説明を行なう必要があります。

 

この際、その契約内容を相手が理解できるまで説明を尽くさなければなりません。

 

貸金業規制法では、次のような義務を課しています。

 

 

<契約締結後の書面交付>
消費者金融業者は貸付契約後、債務者に保証人がいる場合、その貸付に関する契約内容を、書類にて明らかにする義務があります。
具体的には下記の事項を記す必要があります。

 

・消費者金融業者の名称、所在地、商号、
・契約年月日
・貸付金額
・貸付の利率
・返済方式
・返済期間と返済回数
・違約金、賠償額など
・その他の内閣府令で定めるもの

 

<保証契約の内容を明らかにする書面交付>
また消費者金融業者は、主債務者に根保証契約の追加貸付けをしたときは保証人にも必ず、その契約内容を書面にて知らせる義務があります。

 

その際の記載事項は下記の通りです。

 

・消費者金融業者の名称、所在地、商号、
・保証期間
・保証金額
・保証の範囲に関する事項
・保証人が債務者と連帯して債務を負担する場合はその確認
・その他の内閣府令で定めるもの

 

 

以上は貸金業規制法により定められています。

 

上記に違反した場合には、業務停止、その他の行政処分、1年以下の懲役や100万円以下の罰など刑事罰の対象になります。

 

保証人契約において貸す側に義務付けられた書面交付関連ページ

消費者金融の保証人契約と署名・捺印に注意すべきこと
消費者金融などの保証人を頼まれた場合、契約書に署名・捺印をすることになりますが、その前にやるべき大切なことがあります。l
保証人をやめたくなった時
消費者金融などの保証人に一旦なってしまうと、それを解約するというのはなかなか大変なようです。何は方法はないのでしょうか?
知人に保証人を頼まれたら?
消費者金融の保証人を知人に頼まれることがあるかもしれません。人間関係上非常に断りにくいのは事実ですが冷静に考えなくてはいけません。
保証人のいらない消費者金融
最近の消費者金融は保証人がいなくても貸し出しをしてくれるところが多くなりました。なぜ保証人なしでお金を貸してくれるのでしょうか?
未成年でも保証人になれるか?
消費者金融などの保証人を未成年に依頼することは法的に可能なのでしょうか?またそれを金融j業者が認めるでしょうか?
保証人契約に関する民法の改正
平成16年の民法の改正により、保証契約に関する事項が大きく変わりました。どういった点が変わったのかを詳しく解説します。
連帯保証人が死亡するとどうなるか?
もし連帯保証人が死亡してしまった場合、その義務や責任の問題は法的にどのように判断されるのでしょうか?
連帯保証人が複数の場合の負担割合
1人の債務者に対して、複数の人が連帯保証人となる場合、どのような割合で負担を分担したらいいのでしょうか?
とてもリスクの大きい連帯保証人
意外に知らない人が多いのですが、実は連帯保証人は債務者とほぼ同等の責任が生じます。非常にリスクが高いので注意が必要です。

トップ 即日融資可能 低金利借入 女性専用 アルバイト可 期間無利息 他社借入OK 主婦OK