消費者金融の保証人に関する必須知識

トラブルに巻き込まれないための保証人の知識エントリー一覧

消費者金融の保証人契約と署名・捺印に注意すべきこと

消費者金融の保証人をめぐるトラブルには様々なパターンがあります。契約書や契約内容をよく確認しないで署名捺印してしまう場合などは、思いがけないトラブルに発展する可能性があります。たとえばこんな話を聞いたことがあります。消費者金融から借金をしている友人から保証人を頼まれ、保証人契約を交わしました。契約書...

続きを読む

保証人契約において貸す側に義務付けられた書面交付

消費者金融業者などの貸金業者は、保証人契約において保証人となる人を保護する目的で、2つの書面の交付を義務付けられています。これにより予期せぬトラブルを防ぐことができます。消費者金融業者は保証人に対し、この書面にもとづいて、口頭及び書面にて十分な説明を行なう必要があります。この際、その契約内容を相手が...

続きを読む

消費者金融の保証人をやめたいとは?

消費者金融の保証人になったけれど、途中でやめたくなった場合、何か方法はあるのでしょうか?保証契約は、保証人と消費者金融業者の間で交わした契約です。たとえ、お金を借りている本人と保証人が相談して承諾したところで、契約を解除できるわけではありません。したがって、保証人をやめたい場合はその本人が、消費者金...

続きを読む

知人に消費者金融の保証人をたのまれたら

保証人を頼まれた場合、断ることができない人はわりと多いものです。頼んだ人との関係性にもよりますが、仲のよい友人、大切な家族、お世話になった人などから頼まれると断りづらいのも理解できます。親しい人から頼まれるとつい安易に引き受けてしまいがちですが、なかには保証内容をよく確認しないまま契約を結んでしまう...

続きを読む

保証人のいらない消費者金融

消費者金融は急にお金が必要になったときなどに手軽に利用できる便利な存在です。借りたお金の使い道を制限されることもなく、カードで24時間いつでも引き出すことが可能です。そして返済期日までにATMから返済額のお金を入れればOKです。便利な反面、借入れの際には、諸々の制限があります。職業は何か、安定した収...

続きを読む

未成年でも消費者金融の保証人になれるか?

未成年でも保証人になることができるのでしょうか?基本的には未成年者も保証人になることができますが、親権者の同意が必要となります。未成年とは、社会的な責任を負わない年齢のことです。未成年者が行った社会的な行為の責任は、親権者が負わなければなりません。未成年者が保証人になった場合は、基本的には親権者がそ...

続きを読む

保証人契約に関する民法の改正

平成16年に民法の一部が改正され、借金の保証契約においても一部変更がありました。借金の保証人に関する問題点として、保証人が過大な責任を負ってしまうことがあげられ、その負担を軽減するために、この法改正で契約内容が改善されました。平成17年4月1日から施行されています。・書面での契約改正前は口頭での約束...

続きを読む

連帯保証人が死亡するとどうなるか?

連帯保証人となっていた人が死亡した場合、その借金の保証はどうなるのでしょうか?結論を言うと、連帯保証人が死亡した場合は、そのまま相続人へと引き継がれます。相続は負の財産、すなわち「借金」も相続人が負わなければならないのです。連帯保証人というのは、借入した本人とまったく同じ責任を負うことになりますので...

続きを読む

連帯保証人が複数の場合の負担割合

連帯保証人が複数いる場合、後々のトラブルを避けるため、連帯保証人同士で事前に取り決めをしておくとよいでしょう。中心となるのは借金をしている本人ですが、万が一、本人が返済できなくなった場合、連帯保証人内で誰がどの程度負担するのかをあらかじめ決めておくのです。ちなみに連帯保証人の間で負担割合を決める基準...

続きを読む

とてもリスクの大きい連帯保証人

連帯保証人という言葉をよく聞きますが、普通の保証人とはどう違うのでしょうか?消費者金融業者は借金の返済が滞った場合、まず債務者本人に請求しなければいけません。たとえ返済が遅れても、すぐに保証人に請求することはありません。もし消費者金融業者が債務者がトラブルを起こしたわけでもないのに保証人に請求を行な...

続きを読む


トップ 即日融資可能 低金利借入 女性専用 アルバイト可 期間無利息 他社借入OK 主婦OK