消費者金融と保証人に関する豆知識

当サイトおススメの消費者金融

本人の意思確認なしでの保証人契約はあり得ません

何かとトラブルが多いのが保証人契約です。

 

よく聞くのは、本人の知らないうちに誰かの保証人にされてしまったケースです。

 

無断で保証人にされている場合、その犯人として可能性が高いのは家族でしょう。

 

家族であれば印鑑の保管場所がわかり、契約書に必要なサインの筆跡を真似ることも比較的簡単です。

 

中には友人や会社の同僚など家族以外の人によって、知らないうちに保証人にされてしまった人もいるようです。

 

怪しい闇金融などの場合、明らかに偽造されたと分かる保証人契約書でも黙認してしまうこともあるようです。

 

もちろん期日までに返済できれば、保証人に迷惑をかけることはないのですが、最近は保証人に対する法律も厳しくなっています。

 

現在、消費者金融業者では保証人契約を行なう際、必ず保証人となる人の意思確認を行なっています。

 

基本的に意思確認の方法は面会で、保証人となる人に直接、保証人になる意思はあるかどうかを確認します。

 

契約前に面会ができなかったときには、契約後に面会し、この際も直接意思確認を行ないます。

 

消費者金融業者によっては、電話によって保証人の意思確認を行なっている場合もあります。

 

ただし、電話口に出た相手が本当に保証人となる人なのかどうかがわからないという欠点があり、電話での意思確認には注意が必要です。

 

スピードを重視する消費者金融業者にとって、保証人をたてる手続きはとても煩わしいものです。

 

最近、保証人不要の商品が数多く出ているのも、複雑な手続きを簡素化し、できるだけ保証人を避けようとする現れでしょう。

 

消費者金融の保証人となる際の大切な意思確認関連ページ

口約束の保証人と法改正
民法では口約束でも契約は成立することになっています。かつてはうっかり口約束で保証人になってトラブルになったケースもあるようです。
身元保証人についての知識
特にお金を扱う職場に就職する際に、身元保証人を要求されるケースがあります。就職した本人が会社で不正を働いた場合、身元保証人も責任を問われます。
知らない間に保証人にされたケース
本人が気がつかない間に保証人にされてしまったというトラブルがあるようです。十分に注意をしてください。
複数の連帯保証人をつける場合の分担割合
お金を借りる際に、複数の人が連帯保証人となる場合、その分担の割合はどうな売るのでしょうか?
借金の保証契約を結ぶ時の注意点
借金の保証人をたのまれば場合、どういった点に注意をすればいいのでしょうか?
借金の保証人にとって大切な保証契約書の控えの受取
もしあなたが借入の保証人になるのであれば、保証契約書は必ず受け取るようにしてください。これを怠るとトラブルの元になります。
保証人が返済前にやるべきこと
保証人となってしまったあなたが、返済の要求を受けた場合どのような対応をすればいいのでしょうか?
保証人を頼まれたら
もし友人から借金の保証人を頼まれたら、契約前にどういった点に注意をしたらいいのでしょうか。トラブルを避けるためによく読んでください。
保証人に時効はあるか?
保証人となり、債務者の代わりに返済を要求されると大変な思いをすることになります。保証人に時効はあるのでしょうか?

トップ 即日融資可能 低金利借入 女性専用 アルバイト可 期間無利息 他社借入OK 主婦OK