消費者金融と保証人に関する豆知識

当サイトおススメの消費者金融

消費者金融の保証人契約の前に確認すべきこと

費者金融からお金を借りる際、保証人が必要となる場合があります。

 

保証人とは、お金を借りている人が返済できなくなった場合、その代わりに返済する人のことです。

 

保証人に関しては法律に基づいて明確に定められているため、いったん契約してしまうとその責任からは逃れられません。

 

友人から「消費者金融の保証人になってほしい」と頼まれたとき、安易に請負ってしまうのは大変危険なことです。

 

保証人を引き受けてしまうと、借金をした本人が返済をしなかったときに、代わりにその借金の返済を行なう義務が生じるからです。

 

もし保証人を頼まれたのであれば、保証人についての法律や、その借金の契約内容などについて十分に調べることが重要です。

 

ところが実際は「相手が困っているから」という理由で、保証人になることの深い意味を知らないまま気軽に引き受けてしまい、後々トラブルにつながるケースが非常に多いようです。

 

「返済できる自信がない」「返済できるお金がない」など、不安な点が多ければ安請け合いしないことです。

 

例としてこんなケースがあります。

 

消費者金融からお金を借りていた友人から、何の相談もなく勝手に保証人にしされていたことが判明。

 

その友人の返済は滞り、消費者金融業者から何度も取り立ての電話があったそうです。

 

ところが保証人になるには書面での契約が必要なので、偽造のサインや印鑑がおされてしまった可能性が高いと思われます。

 

もしサインや印鑑が偽造だとわかれば、保証人契約は無効となり、払う必要はありません。

 

もしトラブルにまきこまれたら、専門家に相談しましょう。

 

消費者金融の保証人を頼まれたら関連ページ

口約束の保証人と法改正
民法では口約束でも契約は成立することになっています。かつてはうっかり口約束で保証人になってトラブルになったケースもあるようです。
身元保証人についての知識
特にお金を扱う職場に就職する際に、身元保証人を要求されるケースがあります。就職した本人が会社で不正を働いた場合、身元保証人も責任を問われます。
知らない間に保証人にされたケース
本人が気がつかない間に保証人にされてしまったというトラブルがあるようです。十分に注意をしてください。
複数の連帯保証人をつける場合の分担割合
お金を借りる際に、複数の人が連帯保証人となる場合、その分担の割合はどうな売るのでしょうか?
借金の保証契約を結ぶ時の注意点
借金の保証人をたのまれば場合、どういった点に注意をすればいいのでしょうか?
借金の保証人にとって大切な保証契約書の控えの受取
もしあなたが借入の保証人になるのであれば、保証契約書は必ず受け取るようにしてください。これを怠るとトラブルの元になります。
保証人が返済前にやるべきこと
保証人となってしまったあなたが、返済の要求を受けた場合どのような対応をすればいいのでしょうか?
保証人と意思確認
保証人になる場合には、必ず意思の確認が必要になります。知らない間に保証人にされていたとなると、大変なことになります。
保証人に時効はあるか?
保証人となり、債務者の代わりに返済を要求されると大変な思いをすることになります。保証人に時効はあるのでしょうか?

トップ 即日融資可能 低金利借入 女性専用 アルバイト可 期間無利息 他社借入OK 主婦OK