消費者金融と保証人に関する豆知識

当サイトおススメの消費者金融

口約束でも保証人が成立

借金の保証人に関しては、深く考えずに気軽に請負ってしまうことから、後々トラブルにつながるケースが急増しています。

 

例えば消費者金融から借金をしている友人から保証人を頼まれて、それを承諾した場合など、もし口約束のみで書面での契約を交わしていないケースでもその責任を負う必要はあるのでしょうか?

 

民法では、たとえ口約束であっても確実に約束したのであればその契約は成立したことになる、と見なされます。

 

お金を借りる場合も同様で、契約書を交わさずに口約束のみであったとしても、その契約は有効とみなされ、返済義務が生じてしまいます。

 

ところが平成16年に改正された法律により、保証人契約に関しては口約束は無効となりました。

 

保証人契約では、もし借金をした本人が返済しなかった場合、保証人となる人が一方的に大きな負担を背負う形になってしまいます。

 

もし保証人契約の口約束を有効にした場合、第三者を巻き込んでいるだけに予想外のトラブルに発展してしまう危険性があります。

 

そうした事態を避けるため、保証人契約においては必ず書面上での確認が必要になりました。

 

保証人契約を契約書なしで口約束だけで済ませる消費者金融業者はないと思いますが、もし行なっていれば悪質業者なので要注意です。

 

ですから冒頭の、友人から保証人を頼まれた場合、それが口約束で契約書を交わしていなければ、保証人契約は無効となり、その責任を負う必要はありません。

 

ただし平成16年以前に交わした、口約束での保証人契約に関しては、契約書がなくても有効となってしまうので、確認が必要です。

 

最近の大手消費者金融のフリーローンでは、保証人不要のところが多いので、あまり保証人のことについて心配する必要はないですね。

 

口約束の保証人と法改正関連ページ

身元保証人についての知識
特にお金を扱う職場に就職する際に、身元保証人を要求されるケースがあります。就職した本人が会社で不正を働いた場合、身元保証人も責任を問われます。
知らない間に保証人にされたケース
本人が気がつかない間に保証人にされてしまったというトラブルがあるようです。十分に注意をしてください。
複数の連帯保証人をつける場合の分担割合
お金を借りる際に、複数の人が連帯保証人となる場合、その分担の割合はどうな売るのでしょうか?
借金の保証契約を結ぶ時の注意点
借金の保証人をたのまれば場合、どういった点に注意をすればいいのでしょうか?
借金の保証人にとって大切な保証契約書の控えの受取
もしあなたが借入の保証人になるのであれば、保証契約書は必ず受け取るようにしてください。これを怠るとトラブルの元になります。
保証人が返済前にやるべきこと
保証人となってしまったあなたが、返済の要求を受けた場合どのような対応をすればいいのでしょうか?
保証人を頼まれたら
もし友人から借金の保証人を頼まれたら、契約前にどういった点に注意をしたらいいのでしょうか。トラブルを避けるためによく読んでください。
保証人と意思確認
保証人になる場合には、必ず意思の確認が必要になります。知らない間に保証人にされていたとなると、大変なことになります。
保証人に時効はあるか?
保証人となり、債務者の代わりに返済を要求されると大変な思いをすることになります。保証人に時効はあるのでしょうか?

トップ 即日融資可能 低金利借入 女性専用 アルバイト可 期間無利息 他社借入OK 主婦OK