消費者金融と保証人に関する豆知識

知らないと怖い保証人に関する知識エントリー一覧

口約束の保証人と法改正

借金の保証人に関しては、深く考えずに気軽に請負ってしまうことから、後々トラブルにつながるケースが急増しています。例えば消費者金融から借金をしている友人から保証人を頼まれて、それを承諾した場合など、もし口約束のみで書面での契約を交わしていないケースでもその責任を負う必要はあるのでしょうか?民法では、た...

続きを読む

身元保証人についての知識

保証人といえば多くの場合、消費者金融などから借金をする人の返済を保証する人を指しますが、他にもいろいろと種類があるようです。身元保証人という言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。身元保証人とは、就職をする際、その人の身元を会社に保証する人のことです。就職後に万が一、犯罪や事故などで会社に損害を与え...

続きを読む

知らない間に消費者金融の保証人に

保証人に関するトラブルとして、知らないうちに借金の保証人にされているケースがあります。その際の手口もいろいろでしょうが、友人などから借金の保証人だという説明を受けないまま、その指示どおりに行動していたら、じつはそれが借金の保証人になるための手続きだった、というものです。具体的にはどんな方法で行なわれ...

続きを読む

複数の連帯保証人をつける場合の分担割合

通常、連帯保証人は1人となっていますが、人数に関する規定はありません。2人でも10人でも複数の連帯保証人をつけることが可能となっています。消費者金融業者などで保証人が必要なケースでも、契約内容にもより2人以上の連帯保証人が必要とされる場合もあります。。たとえば消費者金融業者が、その連帯保証人の資力が...

続きを読む

借金の保証契約を結ぶ時の注意点

もしあなたが、知人が消費者金融などからの借入のための保証人を頼まれた場合、どのようにすれいいのでしょうか?その際、注意すべき点をまとめてみました。・必ず立会いの上で、保証契約を交わすこと。保証契約が行なわれる際は必ずその場に立会うのが基本です。委任状や印鑑証明書等を人に預け、当人不在のまま保証契約を...

続きを読む

借金の保証人にとって大切な保証契約書の控えの受取

保証人をめぐるトラブルについては、保証人を頼まれた人による不注意から発展するケースも多いようです。たとえば借金の保証人になったのに、その契約書の控えを受け取っていない人はとても多く、こうした油断が後々のトラブルにつながってしまいます。消費者金融業者などが保証人をとる際は、保証契約書とその元となる借金...

続きを読む

消費者金融の保証人が返済前にやるべきこと

保証人は消費者金融業者などから返済の請求を受けた場合、すぐに支払いをするべきではありません。これが自分の借金であれば、残額がいくらかすぐに把握することができますが、保証人が支払うのは他人の借金です。その借金について十分に把握しているとはいえない状況で返済に応じるのは無謀です。保証人が返済をする場合は...

続きを読む

消費者金融の保証人を頼まれたら

費者金融からお金を借りる際、保証人が必要となる場合があります。保証人とは、お金を借りている人が返済できなくなった場合、その代わりに返済する人のことです。保証人に関しては法律に基づいて明確に定められているため、いったん契約してしまうとその責任からは逃れられません。友人から「消費者金融の保証人になってほ...

続きを読む

消費者金融の保証人となる際の大切な意思確認

何かとトラブルが多いのが保証人契約です。よく聞くのは、本人の知らないうちに誰かの保証人にされてしまったケースです。無断で保証人にされている場合、その犯人として可能性が高いのは家族でしょう。家族であれば印鑑の保管場所がわかり、契約書に必要なサインの筆跡を真似ることも比較的簡単です。中には友人や会社の同...

続きを読む

消費者金融の保証人に時効はあるか?

保証人としての責任は、消費者金融業者等から借りた場合(商法上)では5年、個人から借りた場合(民法上)は10年で時効になります。しかし、借金をした当人と連絡が途絶えている場合、契約が終了しているのかどうかすら不明のことと思います。注意しなければならないのは、「保証人―貸主」の間の契約と、「借金をした本...

続きを読む


トップ 即日融資可能 低金利借入 女性専用 アルバイト可 期間無利息 他社借入OK 主婦OK