消費者金融の法律知識

当サイトおススメの消費者金融

改正貸金業法のメリットとデメリットについて知ろう

消費者金融のグレーゾーン金利には、メリットもありました。

 

それは、「お金を借りやすい」ということです。

 

グレーゾーン金利があったために、利息制限法の上限利息を上回る利息でも、消費者金融はお金を貸すことが出来ました。

 

具体的に言うと、出資法の上限である最大で年率29.2パーセントという利息で、お金を貸すことが可能でした。

 

高い利息でお金を貸すことが出来れば、貸し倒れのリスク分を金利に上乗せできる為、それほど厳しくない審査でお金を貸すことが出来ました。

 

そのため、現在の審査基準ではお金を借りられないような状況の方でもお金を借りることが出来ました。

 

こうした「お金の借りやすさ」がグレーゾーン金利が存在するメリットでした。

 

逆に、これが撤廃されることによるメリットもあります。

 

それは、「金利の上限が明確になる」ということです。

 

グレーゾーンという曖昧な金利が撤廃されるのですから、これは当然です。

 

金利の上限が明確になるということは、消費者金融にとっても、債務者の方にとってもいいことです。

 

しかし、消費者金融の審査が通りにくくなったことや、総量規制により年収の3分1までしか借入が出来なくなったことにより、借入出来なくなった人が闇金融に流れるのではないかとの心配がありました。

 

特に収入のまったっくない専業主婦は、基本的に夫の同意がなくては借入出来なくなりました。

 

貸金業法の改正には、こういったメリットとデメリットが存在するために、国会などでもかなり意見が割れたようです。

改正貸金業法のメリットとデメリット関連ページ

出資法という法律について
かつて話題になったグレーゾーン金利と非常に関わりの深い法律に出資法とう法律があります。どういう法律なのか詳しく解説します。
利息制限法という法律について
かつてグレーゾーン金利という言葉をよく耳にしたと思いますが、そのグレーゾーン金利に深く関わっていたのがこの利息制限法です。
グレーゾーン金利とみなし弁済に関する知識
グレーゾーン金利というものが非常に話題となったことがありますが、みなし弁済という考えがあり法的判断を難しくしているようです。
グレーゾーン金利と過払い請求
これまでキャッシングとは縁のない人でも、グレーゾーンとか過払い請求という言葉はきいたことがあると思います。
クレジットカードと改正貸金業法
改正貸金業法ではグレーゾーンの撤廃がくリーズアップされましたが、実はクレジットカードにも少なからず影響を与えていることをご存知でしょうか?
グレーゾーン金利と過払い金の請求について
過払い金の請求という言葉をよく見聞きするようになりました。これはかつてグレーゾーンと呼ばれた金利で貸し付けていた分を取り戻す行為になります。
グレーゾーン金利の撤廃と質屋の金利
グレーゾーン金利の撤廃により、上限金利は20%と決められました。しかし、質屋に関しては20%超える金利での貸し出しが行われているようです。
グレーゾーン金利に関する基礎用語
かつてはグレーゾーンと呼ばれる利息制限法の上限を超える金利で貸し出しをしていました。ここでは、グレーゾーンに関する用語について簡単に解説しています。

トップ 即日融資可能 低金利借入 女性専用 アルバイト可 期間無利息 他社借入OK 主婦OK