消費者金融の役に立つ法律知識

当サイトおススメの消費者金融

グレーゾーンと過払い請求について

消費者金融に関する知識のない方の間でも「過払い金返還請求」という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

現在、弁護士などの法律の専門家の方々が手がける案件の中で、もっともニーズが高く、知名度が高いものであるため、電車の広告など、いたるところで、こうした過払い金返還請求の無料相談の宣伝を見かけます。

 

さて、そんな過払い金請求ですが、これは、消費者金融などからお金を借りた人が「払い過ぎた分を取り戻す」というものです。

 

しかし、消費者金融はごく一部の悪質な業者を除き、健全な経営をしているはずなのに、なぜこうした「払い過ぎ」が生じるのでしょうか。

 

これには、「グレーゾーン金利」というものが関係しています。

 

グレーゾーン金利というのは「出資法の上限利息には達しないが、利息制限法の上限利息は超える」という金利です。

 

つまり、利息を定める法律が日本に複数存在していたために、起きてしまった問題なのです。

 

もちろん現在は法改正によって、この矛盾は解消されています。

 

このことから、消費者金融が特に悪質なことをしたわけではないのに、「過払い金」というものが発生してしまったわけです。

 

もちろん、債務者の方にとっても、実際払いすぎているわけなので、これを取り戻す権利はあるわけです。

 

「過払い金返還請求」がこれだけ世間で知れ渡っている背景には、そうした法律の矛盾によりグレーゾーンが存在したことによるものです。

 

現在では、法改正により上限金利が20%と明確になっていますので、グレーゾーン金利や新たな過払いの問題は発生しません。

消費者金融のグレーゾーン金利と過払い請求関連ページ

出資法という法律について
かつて話題になったグレーゾーン金利と非常に関わりの深い法律に出資法とう法律があります。どういう法律なのか詳しく解説します。
利息制限法という法律について
かつてグレーゾーン金利という言葉をよく耳にしたと思いますが、そのグレーゾーン金利に深く関わっていたのがこの利息制限法です。
グレーゾーン金利とみなし弁済に関する知識
グレーゾーン金利というものが非常に話題となったことがありますが、みなし弁済という考えがあり法的判断を難しくしているようです。
クレジットカードと改正貸金業法
改正貸金業法ではグレーゾーンの撤廃がくリーズアップされましたが、実はクレジットカードにも少なからず影響を与えていることをご存知でしょうか?
改正貸金業法のメリットとデメリット
貸金業法の改正には、メリットもデメリットも存在します。この部分は国会などでも議論の対象となりました。
グレーゾーン金利と過払い金の請求について
過払い金の請求という言葉をよく見聞きするようになりました。これはかつてグレーゾーンと呼ばれた金利で貸し付けていた分を取り戻す行為になります。
グレーゾーン金利の撤廃と質屋の金利
グレーゾーン金利の撤廃により、上限金利は20%と決められました。しかし、質屋に関しては20%超える金利での貸し出しが行われているようです。
グレーゾーン金利に関する基礎用語
かつてはグレーゾーンと呼ばれる利息制限法の上限を超える金利で貸し出しをしていました。ここでは、グレーゾーンに関する用語について簡単に解説しています。

トップ 即日融資可能 低金利借入 女性専用 アルバイト可 期間無利息 他社借入OK 主婦OK