消費者金融の知っておきたい法律知識

当サイトおススメの消費者金融

グレーゾーン金利とみなし弁済について

「みなし弁済」は、消費者金融のグレーゾーン金利に深く関わる用語です。

 

ここでは、そのみなし弁済について解説していきます。

 

利息の上限は法律で定められていますが、貸金業規制法第43条では、「一定の要件」の範囲内であれば、その上限を超えた利息での融資も可能という旨が記されています。

 

この貸金業規制法第43条のことを「みなし弁済規定」といい、ここから「みなし弁済」という言葉が生まれました。

 

しかし、基本的には、みなし弁済と認められるケースはあまり存在しないようです。

 

みなし弁済についての規定に関しては、債務者側にとっても債権者側にとっても複雑な部分が多く、どのようなケースがみなし弁済と認められるかなどは、実際の裁判所での判例を参考にするのが有効なようです。

 

消費者金融の方々も、弁護士などの法律も専門家の方々も、こうした裁判所での判例を、日々チェックしているようです。

 

また、通常より高い利息が、みなし弁済として認められる条件の一つに、「債務者(借り手)が、自分の意志で利息を支払った」というものがあります。

 

つまり「その金利を承知していた」ということです。

 

裏を返すと、債務者が「そんな金利だとは知らなかった」と言ったら、その金利が成立しない可能性もあるのですが、もし本当は知っていて借りたのであれば、法律的にはともかく、倫理的にはやはりその金利で返すのが筋であるという指摘もあります。

 

みなし弁済とグレーゾーン金利にはこのような複雑な事情があったわけです。

グレーゾーン金利とみなし弁済に関する知識関連ページ

出資法という法律について
かつて話題になったグレーゾーン金利と非常に関わりの深い法律に出資法とう法律があります。どういう法律なのか詳しく解説します。
利息制限法という法律について
かつてグレーゾーン金利という言葉をよく耳にしたと思いますが、そのグレーゾーン金利に深く関わっていたのがこの利息制限法です。
グレーゾーン金利と過払い請求
これまでキャッシングとは縁のない人でも、グレーゾーンとか過払い請求という言葉はきいたことがあると思います。
クレジットカードと改正貸金業法
改正貸金業法ではグレーゾーンの撤廃がくリーズアップされましたが、実はクレジットカードにも少なからず影響を与えていることをご存知でしょうか?
改正貸金業法のメリットとデメリット
貸金業法の改正には、メリットもデメリットも存在します。この部分は国会などでも議論の対象となりました。
グレーゾーン金利と過払い金の請求について
過払い金の請求という言葉をよく見聞きするようになりました。これはかつてグレーゾーンと呼ばれた金利で貸し付けていた分を取り戻す行為になります。
グレーゾーン金利の撤廃と質屋の金利
グレーゾーン金利の撤廃により、上限金利は20%と決められました。しかし、質屋に関しては20%超える金利での貸し出しが行われているようです。
グレーゾーン金利に関する基礎用語
かつてはグレーゾーンと呼ばれる利息制限法の上限を超える金利で貸し出しをしていました。ここでは、グレーゾーンに関する用語について簡単に解説しています。

トップ 即日融資可能 低金利借入 女性専用 アルバイト可 期間無利息 他社借入OK 主婦OK