消費者金融の法律知識あれこれ

当サイトおススメの消費者金融

利息制限法について詳しく知ろう

ここでは、グレーゾーン金利と深く関わる「利息制限法」について、どういう法律なのかを解説していきます。

 

利息制限法は、利息に関して作られた最初の法律で、明治10年にはすでに存在していました。

 

その後、昭和29年などに改正され、現在施行されている利息制限法は、2010年に改正されたものになります。

 

この法律では、具体的に金利の上限を定めています。

 

そして、その上限を超える利息で貸し出されたお金については、その超過分の利息を無効とする、ということが明記されています。

 

最近話題になっている「過払い金返還請求」というのは、この「超過分の利息」を取り戻す請求です。

 

利息制限法が実際にどのような利息を定めているかというと、例えば融資の額が10万円未満の場合は、年率20パーセントまでとなっています。

 

そして、10万円以上で100万円未満の場合は、年率18パーセントまでとなっています。

 

さらに、100万円以上の場合は、年率15パーセントまで、となっています。

 

ちなみに、利息上限法も他の法律同様、違反したものに対しては厳しい罰則を定めています。

 

違反者に対しては、懲役5年以下、もしくは罰金1000万円以下が課されるとされており、実際にごく一部業者が罰せられた例があります。

 

もちろん、ほとんどの消費者金融は、こうした法律を遵守して健全な経営をされていますので、基本的には何も心配はいりません。

 

注意しなければならないのは、法律を一切無視して営業をしている、いわゆる闇金融と呼ばれる業者です。

 

また、利息制限法については、総務省のホームページでも詳しい解説がなされているため、興味のある方はそれを読んでいただくのもいいかと思います。

消費者金融と利息制限法という法律関連ページ

出資法という法律について
かつて話題になったグレーゾーン金利と非常に関わりの深い法律に出資法とう法律があります。どういう法律なのか詳しく解説します。
グレーゾーン金利とみなし弁済に関する知識
グレーゾーン金利というものが非常に話題となったことがありますが、みなし弁済という考えがあり法的判断を難しくしているようです。
グレーゾーン金利と過払い請求
これまでキャッシングとは縁のない人でも、グレーゾーンとか過払い請求という言葉はきいたことがあると思います。
クレジットカードと改正貸金業法
改正貸金業法ではグレーゾーンの撤廃がくリーズアップされましたが、実はクレジットカードにも少なからず影響を与えていることをご存知でしょうか?
改正貸金業法のメリットとデメリット
貸金業法の改正には、メリットもデメリットも存在します。この部分は国会などでも議論の対象となりました。
グレーゾーン金利と過払い金の請求について
過払い金の請求という言葉をよく見聞きするようになりました。これはかつてグレーゾーンと呼ばれた金利で貸し付けていた分を取り戻す行為になります。
グレーゾーン金利の撤廃と質屋の金利
グレーゾーン金利の撤廃により、上限金利は20%と決められました。しかし、質屋に関しては20%超える金利での貸し出しが行われているようです。
グレーゾーン金利に関する基礎用語
かつてはグレーゾーンと呼ばれる利息制限法の上限を超える金利で貸し出しをしていました。ここでは、グレーゾーンに関する用語について簡単に解説しています。

トップ 即日融資可能 低金利借入 女性専用 アルバイト可 期間無利息 他社借入OK 主婦OK