消費者金融の法律あれこれ

当サイトおススメの消費者金融

出資法について知ろう

消費者金融でかつてグレーゾーン金利の要因となっていた法律の1つとして「出資法」が挙げられます。

 

ここでは、その出資法について書いていきます。

 

出資法の正式名称は、「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」という、非常に長いものになります。

 

法律の内容はまさにこの名前の通りであり、お金の貸し借りに関する金利の取締などを定めたものになります。

 

具体的な内容を見ていくと、主に以下のようなことが定められています。

 

・特定の金融機関(銀行など)以外は、お金の預かりをしてはいけない。
・金融業者は、年率20パーセントを超える利息を定めてはいけない。
・浮貸しをしてはいけない
・「みなし利息」を適用する(直接の利息でなくても、貸し借りにかかった全てのお金、手数料、調査料なども利息として計算する)

 

などのことが定められています。

 

ちなみに、この中で「浮貸し」について簡単にいうと、金融機関の職員がその権限を悪用して貸し付けを行うことです。

 

浮き貸しは、その金融機関の信用を損なうため、禁止されているのです。

 

このような利息や金銭の貸し借りに関するあらゆることにルールを設けているのが「出資法」です。

 

これらの法律が改正されたおかげで、以前にも増して安心して、消費者金融でお金を融資してもらうことが可能となりました。

 

出資法は有名な法律ですので、ニュース番組などでも耳にすることがありますよね。

消費者金融と出資法という法律関連ページ

利息制限法という法律について
かつてグレーゾーン金利という言葉をよく耳にしたと思いますが、そのグレーゾーン金利に深く関わっていたのがこの利息制限法です。
グレーゾーン金利とみなし弁済に関する知識
グレーゾーン金利というものが非常に話題となったことがありますが、みなし弁済という考えがあり法的判断を難しくしているようです。
グレーゾーン金利と過払い請求
これまでキャッシングとは縁のない人でも、グレーゾーンとか過払い請求という言葉はきいたことがあると思います。
クレジットカードと改正貸金業法
改正貸金業法ではグレーゾーンの撤廃がくリーズアップされましたが、実はクレジットカードにも少なからず影響を与えていることをご存知でしょうか?
改正貸金業法のメリットとデメリット
貸金業法の改正には、メリットもデメリットも存在します。この部分は国会などでも議論の対象となりました。
グレーゾーン金利と過払い金の請求について
過払い金の請求という言葉をよく見聞きするようになりました。これはかつてグレーゾーンと呼ばれた金利で貸し付けていた分を取り戻す行為になります。
グレーゾーン金利の撤廃と質屋の金利
グレーゾーン金利の撤廃により、上限金利は20%と決められました。しかし、質屋に関しては20%超える金利での貸し出しが行われているようです。
グレーゾーン金利に関する基礎用語
かつてはグレーゾーンと呼ばれる利息制限法の上限を超える金利で貸し出しをしていました。ここでは、グレーゾーンに関する用語について簡単に解説しています。

トップ 即日融資可能 低金利借入 女性専用 アルバイト可 期間無利息 他社借入OK 主婦OK