消費者金融の法律に関する知識

当サイトおススメの消費者金融

グレーゾーン金利に関する基礎用語

消費者金融のグレーゾーン金利に関する豆知識として、これに関する用語についての簡単な紹介をしていきます。

 

・グレーゾーン金利
→利息制限法の上限は超えるが、出資法などの他の法律の上限は超えていなかった利息。

 

・過払い金返還請求
→グレーゾーンで払ってしまった金利を、債務者が取り戻そうとする請求。

 

・利息制限法
→利息に関する法律で、明治時代からすでに存在していたもの。

 

・出資法
→お金の貸し借りに関するルールを定めた法律で、利息制限法より利息上限が高かった。

 

・グレーゾーン金利の撤廃
→2010年の貸金業法改正などによって実現。ただし質屋は例外。

 

・グレーゾーン金利のメリット
→収入が低い人などでも、お金を借りやすくなる。こうした人がヤミ金に流れない。

 

・グレーゾーン金利撤廃のメリット
→金利の上限が完全に統一されるため、わかりやすい。

 

・質屋
→貸金業の一つの形態。現在でもグレーゾーン的な金利で融資を行うことがある。

 

・質店営業法
→質屋の営業に関する法律。出資法などの適用外であるため、今でも金利が高くなる。

 

 

以上が、グレーゾーン金利に関する主な用語の簡単な解説となります。。

 

過払い金請求などで専門家に相談する際にも、これらの用語を知っていると話がスムーズに進むことでしょう。

 

グレーゾーン金利に関する基礎用語関連ページ

出資法という法律について
かつて話題になったグレーゾーン金利と非常に関わりの深い法律に出資法とう法律があります。どういう法律なのか詳しく解説します。
利息制限法という法律について
かつてグレーゾーン金利という言葉をよく耳にしたと思いますが、そのグレーゾーン金利に深く関わっていたのがこの利息制限法です。
グレーゾーン金利とみなし弁済に関する知識
グレーゾーン金利というものが非常に話題となったことがありますが、みなし弁済という考えがあり法的判断を難しくしているようです。
グレーゾーン金利と過払い請求
これまでキャッシングとは縁のない人でも、グレーゾーンとか過払い請求という言葉はきいたことがあると思います。
クレジットカードと改正貸金業法
改正貸金業法ではグレーゾーンの撤廃がくリーズアップされましたが、実はクレジットカードにも少なからず影響を与えていることをご存知でしょうか?
改正貸金業法のメリットとデメリット
貸金業法の改正には、メリットもデメリットも存在します。この部分は国会などでも議論の対象となりました。
グレーゾーン金利と過払い金の請求について
過払い金の請求という言葉をよく見聞きするようになりました。これはかつてグレーゾーンと呼ばれた金利で貸し付けていた分を取り戻す行為になります。
グレーゾーン金利の撤廃と質屋の金利
グレーゾーン金利の撤廃により、上限金利は20%と決められました。しかし、質屋に関しては20%超える金利での貸し出しが行われているようです。

トップ 即日融資可能 低金利借入 女性専用 アルバイト可 期間無利息 他社借入OK 主婦OK