消費者金融の法律豆知識

当サイトおススメの消費者金融

グレーゾーン金利の撤廃と質屋の金利の関係

グレーゾーン金利は、現在ではもう存在しません。

 

しかしながら、質屋さんの場合は、今でもこの利息制限法の上限を超える金利で融資をしているケースが多く見られるようです。

 

と言っても、質屋の方々が、違法な営業をしているわけではありません。

 

これについては、質屋の場合また別の法律があることも影響しているかと思われます。

 

日本でのお金の貸し借りに関する法律は、貸金業法、出資法、利息制限法などになりますが、質屋の場合は、これに「質屋営業法」が加わります。

 

この質屋営業法は、出資法などの規定が適用されない、というルールになっています。

 

基本的に、この法律単独で効力を発生させるケースが少なくないため、質屋だけは独自の金利を今でも貫いているということのようです。

 

例えばグレーゾーン金利の鍵となる法律である利息制限法についても、質屋がこの法律の影響を受けるかどうかについては、裁判所の意見も割れています。裁判所での判決にとって一番の基準となる、最高裁判所での判例についても、統一された見解はまだありません。

 

このように、金利に関してはグレーゾーン的な部分を残す質屋ですが、そのサービス自体は鎌倉時代にはすでに誕生していたという、日本人にとって親しみの深いものです。

 

普通の融資と違って、お金を期限内に返済できれば担保の品物が戻ってくるというのも魅力であり、根強い人気のある貸金業の一つであると言っていいでしょう。

グレーゾーン金利の撤廃と質屋の金利関連ページ

出資法という法律について
かつて話題になったグレーゾーン金利と非常に関わりの深い法律に出資法とう法律があります。どういう法律なのか詳しく解説します。
利息制限法という法律について
かつてグレーゾーン金利という言葉をよく耳にしたと思いますが、そのグレーゾーン金利に深く関わっていたのがこの利息制限法です。
グレーゾーン金利とみなし弁済に関する知識
グレーゾーン金利というものが非常に話題となったことがありますが、みなし弁済という考えがあり法的判断を難しくしているようです。
グレーゾーン金利と過払い請求
これまでキャッシングとは縁のない人でも、グレーゾーンとか過払い請求という言葉はきいたことがあると思います。
クレジットカードと改正貸金業法
改正貸金業法ではグレーゾーンの撤廃がくリーズアップされましたが、実はクレジットカードにも少なからず影響を与えていることをご存知でしょうか?
改正貸金業法のメリットとデメリット
貸金業法の改正には、メリットもデメリットも存在します。この部分は国会などでも議論の対象となりました。
グレーゾーン金利と過払い金の請求について
過払い金の請求という言葉をよく見聞きするようになりました。これはかつてグレーゾーンと呼ばれた金利で貸し付けていた分を取り戻す行為になります。
グレーゾーン金利に関する基礎用語
かつてはグレーゾーンと呼ばれる利息制限法の上限を超える金利で貸し出しをしていました。ここでは、グレーゾーンに関する用語について簡単に解説しています。

トップ 即日融資可能 低金利借入 女性専用 アルバイト可 期間無利息 他社借入OK 主婦OK