消費者金融のブラックリストと信用情報機関

信用情報機関に登録されると、ブラックリストとなります。

消費者金融のブラックリストは、信用情報機関を通じて共有されますが、この「信用情報機関」というのは、どのような組織なのでしょうか。

 

この組織は、名前の通り、個人の信用情報を集め、共有する役割を負っています。

 

法人でなく個人に関するこうした情報を扱っている機関は、今のところ、日本信用情報機構、CIC、全国銀行個人信用情報センターなどが挙げられます。

 

また、個人でなく法人(事業者)に関するこうした情報を扱う機関としては、ジェイビックという所があります。

 

こうした組織が消費者金融の利用者の事故情報などを収集し、加盟の金融会社に対して提供しているわけですが、これらの組織が、信用情報機関というものです。

 

こうした信用情報機関の存在はとても重要です。

 

こうした機関が存在することによって、自分の返済能力以上の借金を抱えて破産する方が増えないようになっています。

 

そうした方の情報が、信用情報機関を通じて消費者金融の世界で共有されることで、借りすぎを未然に防ぐことが出来るからです。

 

もちろん、利用者が自制することで借り過ぎを防ぐことが出来たらそれが理想であるわけですが、現実にそれが出来ないケースが多いため、こうした信用情報機関による規制は、おせっかいのようですが、必要なわけです。

 

また、こうしたセーフティーネットを自ら抜け出して、ごく一部で存在する悪質な業者、いわゆる闇金融から借金をしてしまう方もいるのですが、そうした一部の方を除けば、信用情報機関は多くの方を正しい方向に導いていると言っていいでしょう。

消費者金融のブラックリストと信用情報機関関連ページ

ブラックでも借りられる???
インターネットなどで「ブラックでも借りられる」などといった広告を見かけることがあります。はたしてその実態は?
ブラック消しの手口とは?
実際に返済に関するトラブルがないのに、過払い請求などをしたことによりブラックリストに載ってしまうことがあります。
ブラックリストとクレジットカードへの影響
借金によるトラブルのためにブラックリストに登録されてしまった人は、クレジットカードも利用することが出来ないのでしょうか?
ブラックリストと生活への影響
金融トラブルによってブラックリストに載ってしまった場合、生活にどのような影響がでるのでしょうか?
ブラックリスト情報を開示してもらうには?
審査に落ちてしまった場合、自分がブラックリストに登録されてしまっているのではないか、と心配になる人もいると思います。
ブラックリストで前科になる???
金融会社とトラブルを起こしすとラックリストに登録されますが、それが前科になるなどという都市伝説があります。しかし、事実はどうなのでしょうか?
ブラック消し代行業者って?
お金のトラブルによりブラックリストに登録されてしまった人を情報を抹消する「ブラック消し業者」というものがあるようですが....
消費者金融の「社内(内部)ブラック」とは?
一般に金融トラブルを起こすと信用情報機関に登録され、その情報が各社で共有されますが、それとは別に情報が共有されない社内ブラックというものがあります。

トップ 即日融資可能 低金利借入 女性専用 アルバイト可 期間無利息 他社借入OK 主婦OK