ブラックリストと消費者金融の知識

ブラックOKの広告にご注意を

消費者金融の世界では、金融業者同士で、信用情報機関を通じて「事故情報(いわゆるブラックリスト)」が共有されています。

 

こうした事故情報の多い方は、消費者金融からお金を借りることは、当然難しくなってしまいます。

 

しかし、中にはいわゆるブラックリストに名前が載っている場合でも、お金を借りることが可能な消費者金融も存在します。

 

多くの場合、それらは闇金融と呼ばれます。

 

そういった業者は「ブラックNG」の消費者金融と比べると、金利がかなり割高になります。

 

過去にトラブルを起こしたことが記録に残っている人にお金を貸すわけですから、貸す方には相当のリスクがあります。

 

そのリスク分金利は高くなります。

 

悪質な闇金になると、トサンとかトゴなどという信じられないような金利で貸し出すところもあるようです。

 

トサンは10日3割、トゴは10日で5割です。

 

普通に考えて、返済が出来なくなることは容易に判断出来るでしょう。

 

また、闇金は基本的にあらゆる法律を無視しますので、返済できなくなったときの取り立ても半端ではありません。

 

「ブラックOK」などの甘い文言の広告には十分注意をしてください。

ブラックでも借りられる消費者金融???関連ページ

ブラック消しの手口とは?
実際に返済に関するトラブルがないのに、過払い請求などをしたことによりブラックリストに載ってしまうことがあります。
ブラックリストと信用情報機関
よくブラックリストという言葉を目にすることがあると思います。ブラックリストとは信用情報機関に登録されることを言います。
ブラックリストとクレジットカードへの影響
借金によるトラブルのためにブラックリストに登録されてしまった人は、クレジットカードも利用することが出来ないのでしょうか?
ブラックリストと生活への影響
金融トラブルによってブラックリストに載ってしまった場合、生活にどのような影響がでるのでしょうか?
ブラックリスト情報を開示してもらうには?
審査に落ちてしまった場合、自分がブラックリストに登録されてしまっているのではないか、と心配になる人もいると思います。
ブラックリストで前科になる???
金融会社とトラブルを起こしすとラックリストに登録されますが、それが前科になるなどという都市伝説があります。しかし、事実はどうなのでしょうか?
ブラック消し代行業者って?
お金のトラブルによりブラックリストに登録されてしまった人を情報を抹消する「ブラック消し業者」というものがあるようですが....
消費者金融の「社内(内部)ブラック」とは?
一般に金融トラブルを起こすと信用情報機関に登録され、その情報が各社で共有されますが、それとは別に情報が共有されない社内ブラックというものがあります。

トップ 即日融資可能 低金利借入 女性専用 アルバイト可 期間無利息 他社借入OK 主婦OK