消費者金融の基礎知識

当サイトおススメの消費者金融

消費者金融の契約の際にそろえなければならない書類

消費者金融でお金を借りる場合に必要になる書類を以下にまとめてみました。

 

・身分証明書
運転免許証、健康保険証、パスポート、社員証のいずれか。

 

・給与・所得を証明する書類
給与明細書、源泉徴収票、給与振込み通帳、年金証明書、決算書、確定申告書のいずれか。

 

・特殊証明書
年金手帳、母子手帳等

 

・不動産担保の場合
登記簿謄本、不動産権利書、不動産評価証明書、納税証明書など。

 

契約の手段により、各種書類の提示方法も様々です。

 

窓口や無人契約機での申し込みはその場で提出します。
電話やインターネットを通じた申し込みの場合では、郵送またはFAXで送付する必要がありますので相談時に確認してください。

 

必要書類は契約内容によって変化します。

 

一般の小口のローンの場合は、身分証明書と印鑑のみでOKです。

 

ところが融資が高額になるにつれ、源泉徴収や給与明細などの収入を確認する書類の提出が必要になってきます。

 

さらに不動産担保や事業者ローンではさらに、登記簿謄本や確定申告書などの本格的な書類が必要となります。

 

まとめると下記のようになります。

 

必要書類は消費者金融会社によっても異なるので、あらかじめホームページなどで確認をした方がいいでしょう。

 

 

・小口融資…身分証名書、印鑑(シャチハタ以外の認印)

 

・高額融資に必要な書類…身分証名書、印鑑、給与明細・源泉徴収など収入を確認できる書類

 

・事業者ローンに必要な書類…身分証名書、印鑑、売上確認書類(確定申告書・決算書など)

 

・不動産担保に必要な書類…身分証名書、印鑑、給与明細・源泉徴収など収入を確認できる書類、登記簿謄本、不動産権利書、不動産評価証明、納税証明書

消費者金融の契約時に必要な書類とは?関連ページ

インターネットで借入
かつて借り入れをする際は店舗に出向くか無人借入機を利用するのが主流でしたが、現在はインターネットを活用しての借入が主流です。
カードの利用期限と解約
発行されたカードには利用期限が書いてありませんが、永久に使うことが出来るのでしょうか?
なるべく金利をおさえてお金を借りたい時は?
消費者金融はどうしても高金利というイメージがありますが、現在は利息制限法に従った金利設定となっていますので、かつてのような高金利ではなくなりました。ここでは、金利をおさえるコツを紹介します。
消費者金融の選び方
最近は様々な借入先がありますが、、初めての方はどのような会社を選んだらいいのでしょうか?
借り入れで困った時は相談してみましょう。
消費者金融はなんとなく近寄りがたいイメージを持っている人もいるかも知れませんが、最近では女性専用の相談窓口などもあり安心して相談出来ます。
消費者金融のメリットとデメリット
最近は非常にイメージがよくなってきた消費者金融ですが、ここではそのメリットとデメリットについて書いてみたいと思います。
借入前の心得
これから借り入れをしてみたと思っている人は、どのような心得が必要なのでしょうか。
金融会社の種類とカードローン
カードローンを利用することのできる金融会社はたくさんあります。ここではカテゴリーごとに詳しく説明いたします。
消費者金融会社〜選び方のポイント
初めてお金を借りる人は、どこから借り入れをしたらいいか迷うことでしょう。ここでは選び方のポイントを詳しく解説します。

トップ 即日融資可能 低金利借入 女性専用 アルバイト可 期間無利息 他社借入OK 主婦OK