消費者金融の基礎知識

どのような消費者金融を選べばいいか

インターネットや街角の看板等、消費者金融会社はあまりにも多いので、実際に利用しようと思ってもどこの会社がよいのか、選ぶのも一苦労です。

 

お金を借りるということ安易に考えてはいけませんので、あらかじめ借入先である消費者金融の会社のことをしっかりとリサーチすることが大切です。

 

選び方のポイントや判断基準はあるのでしょうか?

 

最低限確認しておく項目として、まず登録番号の確認です。

 

消費者金融会社は、財務局や知事へ申請して登録番号を発行してもらうことが法律で決められています。

 

店頭に貸金業者登録票が掲示されていますので、そこで確認することをおすすめします。

 

インターネットのサイトなどにも記載されているので、店頭に出向けない場合はこちらでチェックしましょう。

 

また消費者金融の宣伝広告などもチェックし、住所、電話番号、登録番号、正式な会社名、貸し付け条件がしっかりと記載されているかを確認しましょう。

 

連絡先が携帯電話のみであったり、住所などの連絡先が記載されていないような消費者金融は避けたほうが無難です。

 

そして、消費者質問や相談窓口など、対応してもらえる制度は整っているかどうかも、確認しましょう。

 

お金を借りたはいいものの、何の相談や質問にも応じないような消費者金融会社では、トラブルの危険性があります。

 

きちんと相談できる窓口があり、質問やわからないことについて対応してくれる消費者金融を選ぶことで、安心して利用できます。

 

基本的にはアコムなどの大手の消費者金融を選んでおけば無難です。

消費者金融会社〜選び方のポイント関連ページ

インターネットで借入
かつて借り入れをする際は店舗に出向くか無人借入機を利用するのが主流でしたが、現在はインターネットを活用しての借入が主流です。
カードの利用期限と解約
発行されたカードには利用期限が書いてありませんが、永久に使うことが出来るのでしょうか?
なるべく金利をおさえてお金を借りたい時は?
消費者金融はどうしても高金利というイメージがありますが、現在は利息制限法に従った金利設定となっていますので、かつてのような高金利ではなくなりました。ここでは、金利をおさえるコツを紹介します。
借入の契約時に必要な書類
初めて借り入れをする人は、契約の際にどのような書類が必要なのかといったことが分からないと思います。
消費者金融の選び方
最近は様々な借入先がありますが、、初めての方はどのような会社を選んだらいいのでしょうか?
借り入れで困った時は相談してみましょう。
消費者金融はなんとなく近寄りがたいイメージを持っている人もいるかも知れませんが、最近では女性専用の相談窓口などもあり安心して相談出来ます。
消費者金融のメリットとデメリット
最近は非常にイメージがよくなってきた消費者金融ですが、ここではそのメリットとデメリットについて書いてみたいと思います。
借入前の心得
これから借り入れをしてみたと思っている人は、どのような心得が必要なのでしょうか。
金融会社の種類とカードローン
カードローンを利用することのできる金融会社はたくさんあります。ここではカテゴリーごとに詳しく説明いたします。

トップ 即日融資可能 低金利借入 女性専用 アルバイト可 期間無利息 他社借入OK 主婦OK